音声:ヒマラヤ東京櫻花団 / 戦友520

外国メディアの4月25日の報道によると、ウクライナ大統領ゼレンスキーは24日にウクライナの首都で、米国のアンソニー・ブリンケン国務長官とオースティン国防長官と長時間会談した。プーチンがウクライナに不法侵入を開始して以来、ホワイトハウスは初めて二人の高官を紛争現場に派遣した。

ブリンケン氏とオースティン氏はゼレンスキー大統領にワシントンがウクライナに軍事援助を続けると伝えた。同時に、オースティン氏はゼレンスキー大統領に、ウクライナ軍のロシア軍に対する防御を強化し、スペイン、フランス、イギリス、ドイツと軍事援助の面で調整するために、ドイツで北大西洋条約機構と作業会議を開催すると確認した。今回の討論は地上戦場、ウクライナへの追加安全援助及びヨーロッパの長期国防需要に焦点を当て、20カ国以上が会議に代表を派遣する見込みである。

また、ブリンケン氏はゼレンスキー大統領に、米国がキエフの大使館を再開すること、バイデン大統領が近々大使を発表することを明かした。

話はまだ終わっておらず、ホワイトハウスは25日、ジョー・バイデン大統領が新駐ウクライナ米国大使にブリジット・ブリンカー氏を指名したとの声明を発表した。ブリンカーはロシア語を話せる、ベテランの米国外交官である。

テキスト版:ブリンケン氏とオースティン氏はウクライナに更なる援助を約束

編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 小火苗
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /小火苗