翻訳/校正:VYang

National Pulseにより、コウモリコロナウイルスの研究を操縦することと同様に、武漢ウイルス研究所も人間の感染のためのインフルエンザウイルスの研究を行っていた。

多くの公衆衛生と諜報当局は武漢ウイルス研究所の研究室がCOVID-19の発生源であると信じた。研究者は「人獣共通感染症の鳥インフルエンザウイルス(AIV)」をどのように探したか詳細説明が研究室の中国語のウェブサイトに掲載された。

「WIVの科学者はインフルエンザウイルスの再集合研究を進歩させる」というタイトルの投稿では、武漢ウイルス研究所の研究者が野生でこれらのウイルスをどのように狩ったかについて詳細に説明され、投稿には次のように書かれている。「この研究では中国農業科学院の蘭州獣医研究所の朱啓雲教授と中国農業科学院のハルビン獣医研究所の陳華蘭教授と協力して、WIVの崔傑教授は2014年から2015年に中国湖南省のコミュニティからのアヒルとガチョウ、また環境中のAIVが監視された。」

武漢ウイルス研究所の研究者も研究室のコウモリコロナウイルス研究と同様の方法を使用してサンプルを収集した。「H3N2、H3N8、H5N6、そして最も重要なことに、新しい再集合体であるH3N6を含め、複数の同時感染AIVが分離された。」

「系統発生分析」により、H3N6がH5N6に由来する可能性が最も高い、H5N6は人獣共通感染症の可能性があることが示されている。哺乳類の細胞株とマウスモデルを用いた研究では、4つの選択されたアヒルまたガチョウ由来のAIVはMDCKとA549細胞に感染する可能性があるが、マウスの病原性が非常に低いことが示された。H5N6を含む複数のサブタイプが局所領域に潜在的な共循環は遺伝子再集合を通じて、H3N6などの新規サブタイプの生成につながる可能性がある。

中国で何度が鳥インフルエンザの発生を考えると、それはCCP研究所での生化学的感染実験であるか?特に、武漢ウイルス研究所でのインフルエンザウイルスの研究は、「人間に直接感染する」ことができる菌株を見つけるためのCCP研究室の努力の一環として、研究室が致命的なコウモリコロナウイルスを取得した後に行われた。

多数研究結果はCCPによって隠されていた。またこの研究はNIHリーダーであるアンソニー・ファウチ「Anthony Fauci」によって研究室に向けの納税者資金で賄われた。

参考リンク:https://thenationalpulse.com/2022/02/09/wuhan-lab-manipulated-influenza-with-human-transmission/

リリース:Lish

オーストラリアメルボルンAthena Farms Twitter:HimalayaAthena

オーストラリアメルボルンAthena Farms Gettr:himalayaathena

オーストラリアメルボルンAthena Farms YouTube

オーストラリアメルボルンAthena Farms Discord

オーストラリアメルボルンAthena Farms GTVライブチャンネル1