翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 盖特第一批注册

2月3日、ナンシー・ペロシ米下院議長は、米国には中共国の人権侵害行為を非難する道義的責任があるが、北京冬季五輪期間中にリスクを冒すまで残酷な中共政府を激怒させることをしないよう米選手に注意をした。

ペロシはIOCが中共国の人権侵害行為に目をつぶすことを批判した。 同時に、五輪期間中、中共国の人権侵害行為に対し、米国は切実な道義的責任を負っていると述べた。 しかし、ペロシは米選手たちに、競技に集中し、率直な考えを控え、リスクを冒すまで中共政府を怒らせないよう念を押した。

資料によると、早くも1月31日、米下院議員が米五輪委員会幹部に対し、北京冬季五輪期間中に米選手が中共の人権侵害行為について公開発言した場合、中共政府による可能性のある報復から選手を守る準備を促したという。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 /TAICHI文極
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春雨绵绵
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / tdownc2p