翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 白云朵朵

2月1日、メディア報道によると、北京大学による「米中デカップリング後の影響」についての研究結果が明らかになった。報告書では、中共はチップ製造、AI及びIT産業で大きな打撃を受け、人材誘致とハイエンド技術の獲得において大きな障害に直面、ハイテク産業の発展は深刻に妨げられるという。

チップ製造、AI、IT産業などの重要な技術において、米中はすでに実質的にデカップリングしている。中共はこれ以上米国のハイテク技術を盗むことができず、技術含有量が低く、または付加価値が低い業界で生き残るのに苦しむしかない。

人材誘致に関しては、中共の56%の現地育成人材が米国に移住し、米国で進学した留学生の88%が米国に滞在して働くことを選択していた。科学技術人材育成に断裂が生じ、中共の科学技術界の突破的な新発展が困難になっている。

さらに、米国のデカップリング戦略には、「科学技術民主連盟」を設立して、中共を孤立させることも含まれ、中共が米国を迂回して重要な人材や技術、部品を他国から入手できなくなった。この戦略は、中共の技術先進国とのコミュニケーションチャンネルを完全に遮断するものであり、中共の技術的血脈を遮断することに等しい。このような米国のデカップリング戦略は徐々に発酵し、中共のテクノロジー産業を窒息させている。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 春香
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 茉莉花
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑