翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 天路天道

2月1日、報道によると、米国の元国家安全保障高官ら16人が共同で、中共に対抗するため、米国のハイテク産業への資金援助を強化する法案を早期に可決するよう議会に呼びかけたという。

資料によると、米国参議院院は2021年に「米国イノベーション・競争法」の提案を可決し、政府は技術の強化・開発のために半導体産業を含む技術分野に520億米ドルを投入する必要がある。今週から、連邦衆議院は、提案した「米国競争法」の審議を開始する予定。可決された後は、衆参両院が協力して、両者の相違点を解消することになる。

16人の元政府高官は共同書簡の中で、技術保護法は、連邦政府が所有する投資が米国の国家安全保障上の利益を保証し、それによって米国は、中共から発せられる脅威に対してその強さと相当な優位性を維持することができると述べた。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 北京軍区
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 爆米花
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑