翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 美麗善良

2月1日、現地メディアによると、連邦政府が国民に郵送された中共ウイルスの家庭用検査キットが、ほとんどカリフォルニア州にある会社が生産し、この会社は中共国の医療機器メーカーの子会社であり、箱には「Made in China」と明記されていたことが明らかになった。

情報によると、この医療機器メーカーは、ある中共系の企業から数千万ドルの出資を受けた記録があり、その資金提供する企業は中共の軍部と関係があるとして、アメリカ政府からブラックリストに載せられていた。連邦政府は、このメーカーと21億米ドル以上の契約を結んだと言われている。

これに対し、米下院共和党医師会会長のブラッド・ウィンストラップ(Brad Wenstrup)氏は、インタビューで「連邦政府は米国の国家安全保障と健康のために中共国(中国)に頼るべきではない」、「むしろ、一刻も早く中共国から撤退し、米国内で安全な医療用保護具を生産すべき」と批判した。

一方、ノースカロライナ州の下院議員は、米国は中共のウイルスに悩まされており、ホワイトハウスとしては中共政府と関連するメーカー、特に中共ウイルスに関する医療品の供給業者を支援してはいけないと非難した。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 闻雨
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 爆米花
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑