翻訳:MOS多言語チーム–馬莱卡

関連メディアの報道によると、1月28日、欧州連合理事会は最近、EU内旅行に関する最新規制を発表した。 2月1日以降、観光客はCCPウイルスに対するワクチン接種証明書、回復証明書、またはCCPウィルス陰性証明書を所持している限り、検疫や追加のPCR検査なしでEU27か国を自由に旅行できることが指摘された。

画像はGnews中国語版より

現在ヨーロッパ全体でCCPウイルス感染率が高いにもかかわらず、政府は再開を待つことができないと報告されている。これに対し、EUの保健当局は、欧州諸国は旅行をさらに複雑にするさまざまなエピデミック規制を直ちに終了すべきだと述べた。

さらに、英国は最近、国内の規制を完全に解除し、バーやレストランを再開すると発表した。同時に、人々がマスクを着用するための現地の法的要件および観光客の立ち入りに関連するロックダン政策も解除された。

また、デンマークは、2月1日までにすべての地域のエピデミック予防措置を解除すると発表した。 1月31日以降、デンマーク政府はCCPウイルスを社会的に重大な病気としての分類をしないということ。

参照リンク:https://gnews.org/post/p1938307/

編集:小鹿  

もっと情報を知りたいなら、私達に注目して下さい

New York MOS Himalaya GTV

New York MOS Himalaya |MOS TALK

New York MOS Himalaya |Gettr

New York MOS Himalaya |YouTube

Free to Join New York MOS Himalaya|Discord