翻訳:MOS多言語チーム – 上天的使者

This image has an empty alt attribute; its file name is image-40-1-9-6.png

1月25日、アメリカ医学会雑誌はウェブサイトでアメリカ疾病予防管理センターのCDCとアメリカのいくつかの大学と病院の関係者によって完成された最新研究を発表した。研究によると、MRNAワクチンを接種した後、産生された心筋炎発症のリスクが133倍に増加した。

この研究は疾病予防管理センターのVAERS報告システムで獲得したデータを使用し、ファイザーとモデルナワクチンの接種効果を分析した。これらのデータは、それが疾病予防管理センターの心筋炎の定義に合致することを確保するために、クロスチェックされた。

大量の研究がワクチン接種と心筋炎の間の関連性を実証したことから考えて、アメリカ疾病予防管理センターは既に青少年と若者がワクチン接種後の心臓に関連する有害事象の進展を積極的に監視し始めた。

同時に、アメリカ心臓協会とアメリカ心臓学院は、心筋炎患者は三~六ヶ月以内に激しい運動を避けるべきだと勧告した。また、彼らは特に心筋炎患者がmRNAワクチンの継続接種を一時停止することを勧告した。

参照リンク:https://gnews.org/post/p1935344/

アップロード:文留

もっと情報を知りたいなら、私達に注目して下さい

New York MOS Himalaya |GTV

New York MOS Himalaya |MOS TALK

New York MOS Himalaya |Gettr

New York MOS Himalaya |YouTube

Free to Join New York MOS Himalaya|Discord

This image has an empty alt attribute; its file name is image-40-1-9-3.png