翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 白云朵朵

此图像的alt属性为空;文件名为0KuTiqJv5UDNOWlUebsfXzSEp1lZUsiK0WMv--z5M5a7yYdXY6jTbG9HCmaJKkaQQ58tzAbxnOpW83MBZATDriintLOJ8E3zb6r50N-Oml2OyUwhgZDYA-iryuTapORp4YQYAN9Q

2月1日、外国メディアの報道によると、金融界の巨人であるソロス氏は最近スタンフォード大学の講演で、中共党首習近平は現在、効果の薄い中共ワクチン(新型コロナワクチン)、国内不動産危機、出生率の低下などの問題を含む複数の危機に直面していると述べた。

ソロスは、中国の不動産ブームは、「池を干して魚を取る」というモデルに基づいており、このモデルは中共当局に甘い汁を吸わせ、人々に貯蓄を不動産に投資するよう促したものである。ところが、このモデルは、開発者の債務不履行、不動産価格の下落、需要不足などの一連の問題により、中国の不動産ブームは昨年から完全に冷え込み、現在崩壊寸前である。また、ソロスは、最近中共内部の暗潮が激しく、反習(習近平を攻撃する)勢力がますます強くなり、習近平が解決できない様々な問題に加えて、習の順調な再任に悲観的な見方を示した。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 麗子
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春雨绵绵
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 平安卿卿