翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 老黑

現地時間1月27日、オーストラリアのメディアによると、西オーストラリア州知事は中共ウイルスワクチンに関する新たな法案を公表した。1月31日から、中共ウイルスワクチンを接種していない親は、入院中の子供へのお見舞いに行くことができなくなる。

報道によると、この暴政の目的は、中共ウイルスワクチンを利用して、ワクチン未接種の市民を日常生活の多くの領域から締め出し、税金を支払った公共の場でさえも出入りせず、それによってこれらの人々の生活をより困難な環境に置かれると述べた。

しかし、大多数の理性的な民衆はこの政策を脅威として非難している。彼らは、ワクチン暴政によってもたらされた高い中共ウイルスワクチン接種率は、オーストラリアのニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、およびイスラエルを含む世界中の国や地域からのデータによって証明されるように、中共ウイルスの拡散を実際には止めなかったと述べた。同様に、ワクチン未接種の集団の活動空間を制限しても、ウイルス感染を予防するために何も役に立たない。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 北京軍区
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 旭鵬(文鵬)
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 平安卿卿