翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 白雲朵朵

現地時間1月28日、関連メディアの報道によると、EU理事会は近日EU域内旅行に関する最新規則を発表した。それによると、2月1日以降、渡航者は、中共ワクチン(新型コロナワクチン)接種証明書、回復証明書、またはPCR検査の陰性証明書を持つだけで、隔離や追加のPCR検査が必要なく、EU27カ国内を自由に旅行できるようになるという。

消息筋によると、現在、欧州全域で中共ウイルスの感染率がまだ高いにもかかわらず、各国政府は再開に焦っていると報道された。これを受けて、EUの保健当局は、EU諸国が、旅行を余計に複雑にするさまざまなコロナ対策制限を直ちに廃止すべきだとのことだ。

また、イギリスは近日、その国の規制を全面的に解除し、バーやレストランを再開すると発表した。同時に、地元でも市民にマスク着用の義務化や観光客の入国に関するロックダウン政策を解除した。

また、デンマークの場合は、2月1日までに現地での防疫措置をすべて解除すると言った。1月31日以降、デンマーク政府は中共ウイルスを社会的深刻な病気に分類しないという。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 叁貳壹倒計時
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春雨绵绵
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑