翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 薰衣草

2022年旧お正月のライブ配信で、郭文貴氏は改版された「一簾幽夢」という歌を演じ、新中国連邦はテレサ・テンの宿願を果たすため、大陸同胞の代わりに法の支配、自由、民主主義を取り戻し、邪悪な中共を消滅するよう闘争すると語った。

天安門事件の後、テレサ・テンは同年11月24日に日本でコンサートを行い、世界のどこに行っても自分が永遠に中国人であり、すべての国民が自由を得られる日が必ず来ると信じることを述べた。テレサ・テンは台湾出身だが、大陸同胞のことを思慮しておられる。その美しい歌声は人間性を称賛し、自由を謳歌するためあまりにも人気を集めた。そして中共に抑圧され、亡くなるまで一度も大陸に足を踏み入れることがなかった。

郭氏は、新中国連邦が改版した「一簾幽夢」をしわがれ声で演じてから、神様が天国でテレサ・テン女史を守るようと願った。新中国連邦は、すべての善良で勤勉で聡明な中国人に法の支配、自由、民主主義を取り戻す、という彼女の念願を必ず実現すると誓った!

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 知澄
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春華秋実
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑