翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 /老黑 

1月25日、JAMAはCDCと米国のいくつかの大学および病院の職員によって完成された新しい研究を自身のWebサイトに公開した。この研究は、MRNAワクチン接種後の心筋炎発症リスクが133倍増加すると示した。

この研究はCDCのVAERS報告システムを使ってデータを獲得し、ファイザーとモデルナのワクチンの接種効果を分析した。データはCDCが心筋炎に下した定義を満たすことを確保するためにクロスチェックされた。

多くの研究がワクチン接種と心筋炎の関連性を確認していることを考えると、CDCは、ワクチン接種後の青少年および若者の心臓関連進行状況の監視を積極的に開始した。

一方、米国心臓協会と米国心臓病学会は、心筋炎のある人に3〜6か月間激しい運動を避けるように提議している。さらに、彼らは心筋炎の患者がmRNAワクチン接種を一時停止することを積極的に勧めている。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / Kana2020
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春雨绵绵
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑