翻訳: 柑橘文旦JP

画像の出処は: cybernews

1月29日のFOX NEWSの報道によると、あるサイバーセキュリティのトップが土曜日、米国はロシアと「既に戦争状態」にあると警告し、モスクワから発信されるサイバー攻撃に備えるべきだ」と述べた。

米国とNATOの同盟国は、クレムリンが軍事主導でウクライナの主権を侵害した場合、迅速かつ厳しい経済制裁でロシアを攻撃することを約束している。

サイバーセキュリティ企業エルゴのCEOであるR.P.エディは、「ロシアが本当にドンバス地方に入り、旗を振った場合、アメリカとNATO同盟国の約束に対して、ロシアの次の一手は何なのか?」

「その可能性が高いのは、サイバー攻撃を強化することです。彼らにとっては簡単なことだ」、

「つまり「つまり、米国の州や民間企業は、このことを非常に深刻に受け止める必要があるのです」と彼は付け加えた。

「我々は今既に戦争状態にあり、そのことを認識する必要がある 」とエディは警告した。

サイバー専門家は、電力網、企業、政府機関などウクライナの重要部門を狙った2017年のマルウェア攻撃「NotPetya」を指摘した。しかし、ロシアのウクライナへの攻撃と疑われる構成要素から始まったものは、ヨーロッパ全体に広がり、数十億のコストがかかったと言われている。

サイバー攻撃の脅威が高まる中、専門家は「悪夢のシナリオ」を明らかにした。

一方、Cybersecurity and Infrastructure Security Agency(CISA)のディレクターであるJ・イースタリー 氏は、ロシアの侵略の脅威とその波及効果を “非常に真剣に “受け止めていると述べた。但し、彼女はまた、サイバー攻撃の脅威が差し迫っていることを過度に心配しないように警告している。

CISA のチーフは、米軍や政府機関、民間企業と協力してサイバーセキュリティのニーズに最適に対応するだけでなく、進行中のサイバー脅威について米国人をよりよく教育することが、同機関の最優先事項であると述べている。

イースタリー氏はソフトウェアの更新、レガシーインフラの交換、安全なクラウドへの移行、パスワード管理プログラムなどの対策を講じることで、政府機関だけでなく、一般のアメリカ人もサイバー攻撃の脅威からよりよく守ることができると述べている。

情報源:  https://gnews.org/post/p1931647/

校正:待命(文晓)