翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 盖特第一批注册

1月27日付の海外メディアによると、中国共産党は、北京冬季オリンピック後の今年前半に、国連人権高等弁務官の新疆訪問に同意したという。

同メディアが伝えたことによると、国連の人権団体は、中共が新疆ウイグル自治区でウイグル族などの少数民族を大量に拘束し、拷問や強制労働を行っていると非難した。 2018年9月以降、国連人権機関の高等弁務官は新疆問題で中共の関係当局と交渉し、新疆における独立調査を要求した。

しかし、中共は、新疆ウイグル自治区における少数民族の連行と虐待の疑惑を一貫して否定し、且つ国連の人権団体の現地調査を拒んでいた。

情報筋によると、中共は、今回国連人権高等弁務官の新疆訪問に条件付きで同意したのだという。 中共は、国連高等弁務官に、新疆ジェノサイドの真相を調査するためではなく、手配通りに「友好的」に新疆を訪問するよう要請した。今、国連の人権団体からは何の反応もなかった。

これについて、関係者の分析によると、これはアメリカ大使館の撤退と冬季オリンピックボイコットという大きなプレッシャーの下で、中国共産党が行った偽りの政治的ゲームであるという。 国際的な圧力を緩和するために、新疆で政治ショーを演じる中共に、国連の人権機構を協力させようとする企みであった。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 北京軍区
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 定於二尊
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / tdownc2p