翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 天路天道

1月26日にゴールディ・ホーンの論説では、「中共バイラル時代は、社会的距離、学校の閉鎖、毎日のマスク使用など、はるかに現実的で具体的な方法で、私たちの子供たちの生活を変えてきました。」と彼女は書いています。

ホーンの調査によると、2年間連続で、青少年が直面する「生存への恐怖とトラウマ」は9.11を超え、米ソ冷戦時代の国家非常事態に近づいており、注目すべきことがわかった。これらの青少年の4分の1はうつ病の兆候、5分の1は不安の兆候を示し、2020年に自殺の疑いで受診する少女の数は2019年より50%多くなっている。

「疾病対策予防センター、米国外科医総長、米国小児科学会はすべて、子どもの精神衛生の状態が今や国家的緊急事態のレベルにあることに同意しています 」とホーンは書いています。この世代が中共ウイルスを経て、精神が不自由なまま大人になるのは国家的な災難であろう。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 北京軍区
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 爆米花
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / tdownc2p