翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 小火苗

1月25日、メディアによると、南シナ海で演習中の米海軍ステルス戦闘機F₋35Cは、パイロットが心筋炎急性発作のため、空母カールビンソンの甲板に着艦した際に墜落した。この事故により、これまでに7名の乗組員が負傷した。

メディアによると、米国の2つの空母打撃群、合計14,000人以上の水兵と海兵隊員は南シナ海で軍事演習を行っていた。その内、F-35Cのパイロットは、離陸の72時間前に中共ウイルスワクチン(ウイルスワクチン)のブースター注射を受けたばかり。着艦した際、該当パイロットが乗った飛行機は突然空母の甲板に衝突し、パイロットが緊急脱出措置から飛び出した。

情報によると、該当パイロットは事故を振り返って、復路のフライト中に突然胸に激しい痛みを感じ、病院に運ばれて急性心筋炎と診断されたと述べた。注目すべきなのは、この症状は中共ウイルスワクチンでよく見られる致命的な副反応である。

この点について、現在、ワクチンを接種したパイロットが飛行中に体調を崩したり、墜落して死亡したという報告が多数出ており、このような大惨事はパイロットだけでなく、航空会社に安全を託した何百万人もの乗客も危険にさらされる。連邦政府はワクチン接種を受けたパイロットの安全性を隠蔽しようとしたが、その矛先は避けられないかもしれないとアナリストが指摘した。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 北京軍区
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春華秋実
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑