翻訳: Sally(沙莉)

画像の出処は: newshub

1月29日に報じられた「フォックスニュース」によると、イギリス政府は土曜日、欧州の国境を強化する計画の一環として、ウクライナ国境でのロシアの軍事力増強に対抗するために、大規模なNATOへの増派を検討していると発表した。

ロシアがウクライナに侵攻した場合、英国は迅速な制裁措置をとり、双方にとって壊滅的な打撃を受けるだろうと述べた。

英国のボリス・ジョンソン首相は来週ウクライナを訪問し、またウラジミール・プーチンと電話で話す予定、と報じた。

ジョンソン首相は、北欧とバルト海のNATO防衛協定加盟国に対し、兵力を倍増し、エストニアに防衛兵器を送るという最大限の提案を検討している、と彼の事務所は述べた。

ジョンソン氏は声明の中で、ロシアの敵意に直面して、我々は常にNATOの同盟国と立ち上がるだろうと述べた。

また首相は「私は来週ヨーロッパ全域に配備する準備を命じ、NATOの同盟国を確実に支援できるようにした。」と述べた。

政府関係者は来週ブリュッセルで提案の詳細を詰め、月曜日に閣僚が軍事的選択肢について議論する予定だ。

ジョンソン氏は、外交努力を強化し、来月早々にNATOの関係者に会うために2度目の訪問をするつもりだ、と首相事務所は述べた。

関係を改善し、緊張を和らげるために、英国の外相と国防相も、ロシアの閣僚との会談のために、数日中にモスクワを訪問する予定だと述べた。

情報源: : Britain considering major NATO deployment amid Ukraine crisis 

校正:待命(文晓)