翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 飘向北方

現地時間1月21日、関連メディアによると、イタリア政府は、中共コロナウイルスワクチン接種で副作用に苦しむ人々への補償に1億5000万ユーロを充てる予定という。

情報によると、1992年に可決された法律の下で、イタリアは強制ワクチンによって被害を受けた人々の補償を保証しており、法令草案は、強制ワクチンだけでなく推奨ワクチンも対象とするようにその条件を拡張しているという。

これらのワクチン被害者は、国家補償基金や民事或いは刑事手続を通じて、正当な補償を受けることができると。

イタリア政府が発表したデータによると、12歳以上の国民の90%以上が中共ウイルスのワクチンを接種しており、50歳以上のローマ市民には接種が義務付けられている。なお、注意すべきことは、イタリア政府は10万件以上のワクチンの副反応を報告しており、そのうち15%は深刻であると見なされたが重篤な副反応に該当すると見なされた。

これに対し、郭文貴氏はライブ配信で、欧州へ避難した中国科学者からの情報提供に基づいて、2022年5月に中共ウイルスワクチンの災害が集中的に発生する可能性が極めて高く、様々なワクチンの副反応による怪我や死亡、それに伴う膨大な保険金請求は、世界の保険や銀行業界の破綻につながるだろう。最終的には、国民の政府への信頼および国際金融システムの崩壊は避けられないだろうと述べた。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 叁貳壹倒計時
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 爆米花
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑