翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 励志人生

1月21日付のニュースによると、世界各国が中共の人権侵害の歴史を批判しているという。大型の国際的ブランド、スポンサー、各方面から極めて大きな圧力が加えられているのだ。これは北京冬季五輪のボイコットを求め、中共の人権侵害を暴露しようとする動きが大きくなっているのを意味する。

往年の五輪では、スポンサー広告という慣例は五輪精神と主催国の文化を体現するために宣伝される。しかし今回の北京冬季五輪の二十社以上のスポンサーは控えめな態度だ。マスコミと観客を極力避け、人権侵害と地政学や政治などの話題が盛り上がるのを恐れているようだ。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 轰趴少年
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 茉莉花
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑