翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 白云朵朵

米海軍は水曜日に、ワクチン義務化を拒否した現役水兵23人を含む45人の軍人を退役させたと発表した。公式通知によると、木曜日時点で、5,035人の現役水兵と2,860人の予備役が未接種のままであった。ワクチン未接種の現役水兵のうち、10人が永久的な医療免除、259人が一時的な医療免除を受け、そのうち59人が行政免除を受けていた。

先週の後半までに、海兵隊は334人の海兵隊員を解雇、今週末の時点で、空軍はワクチン義務化を拒否した111人のパイロットを解雇した。最新のデータによると、米海兵隊、空軍、海軍は合わせて500人以上のワクチン接種義務化を拒否した現役軍人を解雇した。米軍全兵科においてワクチン接種義務化の達成率は90%以上と報告され、宗教的な医療免除制度があるにもかかわらず、免除が許可されたのは極わずかだ。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 /TAICHI文極
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 茉莉花
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / tdownc2p