翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 盖特第一批注册

「甜蜜蜜(スウィートハニー)」運動開始以来、50カ国以上が在北京大使館の撤退を表明した。郭文貴氏は1月27日のライブ配信で暴露、1月26日現在、中共高官の制裁と国外資産の差し押さえについて、100以上の国際金融機関と30以上の主要な国際公共福祉団体が米国と協力して追及方法を検討し始めているという。

郭氏によれば、この措置は「断絶せず、交流せず」という許可された撤退である。国交断絶は中共の腱を引っ張るようなものであり、資産の差し押さえは完全に中共の血を抜くことに等しい。

郭氏は、1979年に米国が中共と国交を結んだからこそ、中共が中華民国を国連から排除することができたと述べた。大使館の撤退を許可することで、米国は「断絶せず、交流せず」の試練を以て中共を完全に排除することができるはずだ。これは米国両党派の政治的決断ではなく、米国の国家安全保障に基づいた決断だという。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 轰趴少年
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 茉莉花
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑