翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 盖特第一批注册

企業家のスティーブ・キルシュ氏は、1月23日に米国ワシントンDCで行われた中共ウイルスのワクチン接種義務化政策に反対する数万人が参加した集会で、政府の保健局の無策を強く批判した。

キルシュ氏は、中共ウイルスの大流行は、本来であれば完全に回避可能だったと述べた。昔は、多くの医師が適切な早期治療方案を見つけ出し、その薬によって多くの感染症が治癒し、死亡者もほとんど出なかった。だが、これまで国立衛生研究所は、これらの方案に非協力的な姿勢をとり続けてきたのだ。

また、キルシュ氏は、一方で社会的利益のために皆が中共ウイルスワクチンを接種するように指示され、そのリスクとメリットを誰も知らされていなかったことにも言及した。今日、中共ワクチンは人々の症状を悪化させるだけであることが証明されている。さらにキルシュ氏は、FDA、CDC、NIHなど米国の関連政府機関は透明度の高い問責制に欠けていることを憂慮し、その結果、中共ウイルスとワクチンについて国民から寄せられた鋭い質問に、誰もメディアの前で回答できないと指摘した。そのため、キルシュ氏は「明確で納得のいく答えが出るまでは、非合理的なワクチン義務化政策に応じるべきではない」と強調した。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 轰趴少年
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 茉莉花
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑