翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 飘向北方

1月26日現地時間、台湾メディアによると、欧米諸国が相次いで中共の北京冬季オリンピックへの外交ボイコットを発表したことに、また中共の台湾統一政策がますます厳しくなる中、台湾の行政院、教育部、大陸委員会等の関連部門は協議の結果、台湾代表団が北京冬季オリンピックの開閉会式に出席しないこと、また過去の慣習に従い、政府関係者が代表団に同行しないことを決定と発表した。

同日、政府関係者がインタビューにて、中共の一貫としてやり方は、冬季オリンピックの開会式でいわゆる「一つの中国」構想を強調すると予測する。中共は台湾を「ちゅうごくチャイニーズタイペイ」と呼ぶことになるが、台湾はこれを断固拒否している。このため、すでに出場権を獲得している台湾選手の参加を制限することはないが、政府関係者が開会式への出席を行わないことは、台湾の外交的ボイコットという意味合いがある。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 轰趴少年
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春華秋実
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑