翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 白云朵朵

現地時間1月25日、関連メディアの報道によると、ノルウェー政府は中共ウイルスワクチンの副反応を懸念し、中共ウイルスによる子どもの死亡や入院のリスクは非常にまれであることから、子どもへのワクチン接種を推奨しないと発表した。

報道によると、ドイツで行われた調査研究で、地元の健康な5歳から11歳の子供は誰も中共ウイルスで死亡しなかった。この現象は中共ウイルスパンデミックの第一波でスウェーデンでも現れたものである。

そのため、ノルウェーの政府当局は、世界中からの数多くの科学研究によると、子どもが深刻な病気になる可能性が極めて低く、中共ウイルスワクチンの副反応に関する知識が限られていることから、子どもたちへのワクチンの効果はかなり小さいと考えられると述べた。

また、ノルウェー当局は、データの評価に基づき、子どもたちが中共ウイルスワクチン接種を受けるよりも、中共ウイルスに自然感染した方が、将来的に変種に対する免疫を獲得しやすいと説明した。

最後に、当局は、中共のウイルスワクチン接種の取り組みに非常に慎重であるべきで、個人の自主性を十分に遵守しなければならないと繰り返し指摘した。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 叁貳壹倒計時
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 旭鵬(文鵬)
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑