翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 煙火1095

1月24日、関連メディアによると、中共ウイルスのワクチン接種義務化政策で連邦政府を訴えているオハイオ州の代理人弁護士が、米上院の公聴会で国防医療疫学データベースの医療費請求データを公開した。中でも、中共ウイルスパンデミック時の米軍の医療データの変化は、すべて中共ウイルスワクチンの副反応の後遺症と密接に一致していることが、データから明確に示された。

弁護士はワクチン義務化以降、軍隊の女性の流産率が過去5年間の平均より300%増加し、女性の不妊確率が471%、子供の先天性奇形率が156%増加したことを示した。また、中共ウイルスワクチンによる神経障害は1,000%増加し、心筋梗塞の患者は269%、兵士の癌の罹患率は3倍も増加したという。一方、ベル麻痺と肺塞栓症の発生確率はそれぞれ2倍、4倍以上に増加した。また、この数字は中共ウイルスワクチンの副反応の氷山の一角に過ぎない可能性があると同弁護士は指摘している。

一方、あるオーストラリアの市長も中共ウイルスワクチンを2回接種した後、重篤な副反応に見舞われている。市長は、ワクチンによって引き起こされた症状のために、長期間の寝たきりになり、何度も入退院を繰り返したこともSNSで明かしていた。

また、ほとんどの研究で深刻な副反応に加え、中共ウイルスワクチンは中共ウイルスの蔓延を予防・阻止する効果がなく、政府が推し進めたワクチン接種が、その後さらに深刻な二次災害を引き起こしていることが明らかにされている。これについて、アメリカのプロ競輪選手も中共ウイルスワクチン接種後の体験をビデオで紹介した。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 麗子
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 旭鵬(文鵬)
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑