吹替:香草山教育部 – 蒙古鸿雁

The Stew Peters Showは先日15年の実務経験を持つ匿名の看護師をインタビューした。彼女は今病院の産後病棟で働き、新生児の世話をしている。この看護師はワクチンを接種した母親から生まれた新生児の死亡率が著しく上昇していることを大衆に明らかにした。

アメリカでワクチンを広く普及する前に、彼女は既にこの病院で五年間勤務した、五年間で、彼女は新生児の死亡症例を一、二例しか経験しなかったが。ワクチンを大規模に普及してから一年以内に、彼女は五、六人の新生児の死亡症例を目撃した。

また、ここ数ヶ月で、妊婦が分娩時に出血する確率が普段より明らかに高く、早産児の割合が急激に増加し、赤ちゃんが心臓雑音、皮膚異常の赤、黄疸、及び男の乳児の生殖器萎縮などのの疾病を患う割合は著しく増加した。

オリジナルテキスト版:ワクチンを接種した母親から生まれた病気の赤ちゃんや死んだ赤ちゃんは新しい常態になるかもしれない

ポスティングです:Tom Li

もっと情報を知りたいなら、私達に注目して下さい

New York MOS Himalaya GTV

New York MOS Himalaya |MOS TALK

New York MOS Himalaya |Gettr

New York MOS Himalaya |YouTube

Free to Join New York MOS Himalaya|Discord