翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 白色战友

フランス内務省は1月22日、政府が1月24日から殆どの公共施設に施行される中共ウイルスワクチン(新型コロナウイルスワクチン)パスポート政策に抗議するため、当日フランス全土で約3万8000人が街頭に出て、デモ活動が行われていたと発表した。

情報によると、24日以降、フランスでは16歳以上の人が公共施設、及び地域間の公共交通機関を利用する際、ワクチン接種の証明書を提示しなければならないことになるようだ。

現在、ヨーロッパのいくつかの国でワクチンパスポートと中共ワクチン義務化が廃止された背景に、フランスは相変わらず強硬なワクチン政策をとっており、それで街頭デモ活動が続いているのだ。

デモに参加する者は、中共ウイルスワクチン義務化は市民の日常生活の自由に影響を与えるものであり、政府の強制的な隔離方は社会を分断していると批判した。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 叁貳壹倒計時
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春雨绵绵
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 平安卿卿