翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 老黑

1月22日、外国メディアによると、ニューヨーク市のあるトップ病院関係者の話では、オミクロン株による医療従事者不足が、モルグを含む医療システムに大混乱をもたらしているという。

同区の中心にある療養施設と病院からなるOne Brooklyn Healthの最高経営責任者であるブラウン氏は、金曜日も人員不足が続き、医療システムを悩ませていると述べた。また一部の病院は、遺体を遺体安置所や葬儀場に輸送するのにさえ苦労していると記者団に語った。

ブラウン氏は現在、多くの従業員がウイルスに感染しており、家族と隔離中、かつニューヨーク州のワクチン義務化政策も加わり、接種を受けていない医療従事者は仕事に就けないため、緊急治療室での待ち時間は長引き、入院までの待ち時間は更に長くなっているという。

中共ウイルスワクチン政策の普及と実施は、パンデミックの悪化を阻止することができなかっただけでなく、医療システムそのもの、特に作業効率に深刻な影響を及ぼし、ダブルパンチであるといえるだろう。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 北京軍区
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 茉莉花
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑