通訳:MOS 多言語チーム – 信则行(文鑫)

11 月 30 日の欧州感染情勢速報では、欧州疾病予防管理センターが欧州連合および欧州経済地域において、計 44 名の新異変株の感染者が確認されたと発表した。注目すべきところは、全員が軽症または無症状で、欧州疾病予防管理センターは、現時点において異変株による重症又は死亡例の報告は受けてないと述べた。

同日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン」の感染者を最初に診察した南アフリカ医師会の会長ーアンジェリーク・クッツェー博士は、今のところ南アフリカでは異変株の症状が非常に軽く、初期症状には最初の 2 日間に倦怠感や疲れ、喉のかゆみ、体の痛み、頭痛などがあるが、しかし初期段階では咳はなく、味覚や臭覚の異変も確認できてないと述べた。クッツェー博士はさらに、変異株の「オミクロン」については、まだ初期段階にあり、このとき、若者が最初に感染し、次に他の年齢層まで広がることがよくあると指摘した。クッツェー博士は、上記と同様な症状がある場合は注意を払い、できるだけ早期治療し、重症になることを避けるべきだと強調した。

参照リンク:

新冠新变种病例症状轻微但不容轻视 – GNEWS

編集:小鹿  

もっと情報を知りたいなら、私達に注目して下さい

New York MOS Himalaya GTV

New York MOS Himalaya |MOS TALK

New York MOS Himalaya |Gettr

New York MOS Himalaya |YouTube

Free to Join New York MOS Himalaya|Discord