翻訳: 文字焼

画像の出処は:https://www.gbimonthly.com/2020/04/66194/

Hal turner radio show10月27日の記事『日本は中共ウイルスワクチンの展開をやめ、イベルメクチンに移行し、ほぼ一晩で中共ウイルスを終了しました』(https://halturnerradioshow.com/index.php/en/news-page/world/japan-drops-vax-rollout-goes-to-ivermectin-ends-covid-almost-overnight)により、アメリカで進行中のccpウイルスの惨状は、政府が正しい治療法を用いなかったことに起因しており、ccpウイルスワクチンを必死に推し進めても、ccpウイルスを寛解させることはできなかった。一方、日本ではイベルメクチンを使用し、1ヶ月足らずでほぼ全滅させました。

新中国連邦は一早く世界に伝えた。「ccpウイルスには解毒剤があります。五つの解毒剤の中には、イベルメクチンが含まれてます。」と。

『eadstories.com 』と名乗る小さなウェブサイトが、この記事の信憑性を毀損しています。では、見てみましょう。

スウェーデン公衆衛生局(PHA)は、若年層におけるModernaワクチンの使用を一時的に停止するよう勧告しました。フィンランド、デンマーク、ノルウェーも中共ワクチンの使用を中止しています。先週木曜日、フィンランドはスウェーデン、デンマーク、ノルウェーとともに、心血管系の副作用のリスクがまれにあることを理由に、若年層におけるModernaワクチンを使用しないこと推奨しました。フィンランドの保健福祉研究所は先週木曜日、30歳未満の男性に対するModernaワクチンの使用を中止すると発表し、スウェーデンの規制当局も先週水曜日に同様の措置をとっています。デンマークは先週水曜日、18歳未満の子どもにはModernaワクチンを提供しないと発表しました。

欧州医薬品庁(EMA)は木曜日にこの動きを支持しました。しかし、悪くない出来だった国の中で、日本は絶対的なスーパースターでした。日本では、ワクチンを廃止してイベルメクチンを使用し、1ヶ月後には中共ウイルスをほぼ駆逐してしまいました。

逆に、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドの3カ国は、ウイルスへの対応で惨敗し、自由と商業の喪失という衝撃的な結果をもたらしました。しかし、日本では、予防接種をやめてイベルメクチンを使い始めてから、CCPウイルスの流行が終わったのです、物事は明らかではありませんか?

日本政府がとった同じようなの措置を採用することを拒否する場合、あなた方の政府は何と言うでしょうか?それは、真実を開示する人は陰謀論者であると言うことです。もしあなたの政府がそうしないとしたら、それは中共ウイルスワクチンが公共の利益とは関係ないからです。彼らは、ワクチンによって全体主義を実現しようとしているのです。

情報源:https://gnews.org/post/p1635466/X

(この記事は筆者の個人的な意見です。)

校正:待命(文晓)