翻訳:ヒマラヤ東京桜団/haruka春香

图片来源

10月14日の網易(ネットイース、 NetEase、ワンイー) は、10月12日、広東省医薬品局が発行した広東医療機器登録システムパイロット承認製品リストに、Huaweiの手首シングルリードECGコレクターの製造が承認されたことを示したと報告しました。さらに、他の3つの医療機器これは、Huaweiが医療機器市場に正式に参入したことを意味します。

近年、中国と米国が抵抗に直面したとき、5Gを含むHuaweiの海外通信事業は大幅な後退に見舞われました。同時に、米国でのチップ販売の厳しい引き締めにより、Huaweiは通信およびデータセンターベースのビジネスは、かつては生か死かが不確実になっています。 ファーウェイは今年の初めから存続を続けており、事業の多様化が進んでおり、「スマート養豚」事業にも携わっているとの報告もあります。 一方、ドッキングで生き残るために、Huaweiは今年1月に「Honor」ブランドの携帯電話事業を売却しました。

Huaweiが中国共産党の公式企業であるという事実は誰もが知っています。 特に、今年9月の「孟晩舟の中国帰国」は画期的なイベントでした。

現在、Huaweiの「海外へ行く」は阻止され、打撃を受けており、国内市場では、CCPの経済の悪化により、需要と消費が大幅に減少しています。Huaweiは存命したいのなら、他の領域の仕事を奪うことしかできません。つまり、CCPの力に頼ってより多くの分野に参入することができるだから。

情報源

(この事は作者の记であり、GNEWSとは关系ありません)

校正:ヒマラヤ東京桜団/老黑
アップロード:ヒマラヤ東京桜団/老黑