ごきげんよう、尊敬する戦友たち。台湾が再び米中両国の政治と経済の取引きのコマとなり、これは台湾にとってマイナスなことである。欧米などの西側国家は、中共国内部の政治闘争を利用して、自分たちの一時的の政治と経済の利益を得ようとしている。これは中国人、世界にとっていかなるプラスにもならないことである。だが、我々新中国連邦にとって、これらのことは百利あって一害なし。神様が我々新中国連邦を助けてくれている。


1.『ヒトラー』『毛沢東』『マーク・ザッカーバーグ』

Facebook、インスタグラム、WhatsAppは次から次と災難に見舞われている。話によると、その内部の弁護士と管理チームが崩壊しており、そろそろオワコンになりそうという。

その原因は、技術的の問題や全世界からの不信と、コロナウイルスとワクチンにおける裏での違法な操作。また、奴らはいわゆるメディア上の『正義』と『裁判所』を利用して、考え付く限りの方法で、インターネットの「危険」かつ「犯罪的」「心理的不健康」なソーシャルメディアに、未成年の子供たちを誘導しようとしている。

だが、今は米国だけでなく、全世界が行動を起こそうとしている。楽しみにするといい。

ここまで堕落するような奴だとは思わなかったが、Facebookのマーク・ザッカーバーグのクズっぷりは尋常じゃない。コイツはもはやヒトラーや毛沢東並みの悪人だ。


2.台湾は米中関係のコマとなり、ますます危険な立場に

台湾についてだが、米中高官のスイス会談での最も基本的なことを伝えよう。

スイスでの会談では、米国側はいかにして、習神に台湾を攻撃させないように騙すことだ。ただそれだけ。

なぜなら、欧米は、習は体調的にあと1~2年しか持たないと判断しており、場合によっては中共内部の政治闘争によって消されることを期待している。

先日、王岐山の親友である米国のジョン L. ソーントンが最も重要な時期に北京へ行った。彼が言うには、北京の政治的状況は非常に緊迫しているという。あと王岐山と最も仲の良い金融機関が北京へ行ったが、王岐山は顔を出さなかった。

実は、米国側も彼らを利用して中共国内の政治を探っており、彼らが江志成の部下やジャック・マーと会ったあと、全員が米国と同じように、習神に何か起こるのを待っているという。

だから、米国は中共国内の政治、経済、第20回全人代を基準に、台湾を攻撃させないよう、習神を騙そうとしている。これが米国の戦略だが、台湾にとってはまずます悪いこととなるだろう。

米国の考えは江志成、王岐山、孟建柱、曾慶紅の計画とは異なり、奴らが米国側に情報を漏らした後、米国がこの情報を基準にするのであれば、奴らは江家の勢力をしばらく生かすだろう。

場合によって、奴らは思い切って台湾に手を出す可能性もある。台湾は非常に危険である。


3.米国は中共を騙して、米国債を買わせようとしている

米国は中共を支持し、内政にも干渉しない。しかも、大統領も会話を交わそうとしており、会うことを望んでいる。さらに、米国は友好な関係を結ぼうとしていて、関税も減らすから、だから台湾を攻撃しないで欲しい。

次に、お金頂戴。米国債を買って欲しいと中共に頼むと、メンツ第一の習神は感極まって、買おう買おうとなり、5000億と言われた習神は2兆を出す。米国はそれで株市場が一時的に上昇し、米国債の天井問題が解決するだろうが、これからもずっと、これが通用すると思うか?

最終的に、必ず責任を取らなければならないし、経済にも必ず問題が生じる。米国債を買われたところで、それは一時しのぎでしかならない。

はっきり言えば、基本的の目的は、どっちの政治的状況もよくないため、互いを利用して、偽りの経済と政治で己の自信を高めようとしているだけである。

結局犠牲となるのは、台湾や庶民である。


4.世界を救える3つのこと

ワクチン、コロナウイルスの世界への影響において、ソーシャルメディアは毎分毎秒全てを変えている。

昨日の会議では多くの素晴らしい計画があったけど、半年後、それらの計画が起きることは一切ないだろうし、全て想像と異なる可能性もある。

ワクチンによる災難が人類の生活を変えたとき、どんな素晴らしい計画も虚しいものとなるだろう。世界を救えるのは3つだけである。
一つ目は、仮想通貨、デジタル経済、つまり世界の金融秩序の書き換えである。誰も改ざんできない金融こそが、本物の金融である。

二つ目は新たなバイオテクノロジー。ワクチン、ウイルスによる人類への危害を変える、新たな技術。それこそがハイテクノロジーである。

三つ目は、ワクチン接種を強制した全ての者を裁判にかけること。
昨日の会議では、選挙についての素晴らしい計画があったが、ワクチンによる最終的の災難は、水、電気、飛行機、自動車、交通、食糧、人類の全てを変える。そのような状況では、選挙なんて言ってる場合ではないだろう。それに、どれほどの人が裁判にかけられる?今、目にする全ての政治家が裁判にかけられる可能性すらある。

最後、共産党は必ずウイルスはどこからの物なのか、真相をはっきりさせるだろう。そして、ワクチンは一体誰が裏で、金儲けのために人々に危害を加えていたのか、誰が暗黒の勢力なのか、全てがはっきりするだろう。

だから、彼らが会議で語ったことは素晴らしき無意味なことである。

正直に言うと、政治の勢力、経済の勢力、メディアの勢力、新たな勢力が多く生まれるだろう。そんな中、新中国連邦は人類にいかなる危害をも加えていないし、我々のソーシャルメディアプラットフォームは全て人類にとって有益なものである。

これからの何十日、どんなことを目にするのかを楽しみにするとよい。