news2.ru

中国は木曜日、海上安全当局の権限を強化する法案を可決したと国営メディアが報じ 日本を含むアジア諸国間の近海での緊張が高まるのではないかとの懸念が広がっている。

中国は 東シナ海の東京が管理する尖閣諸島がその領土の一部であると主張しているため、海上交通安全法の改正は、中国の釣魚島と呼ばれる無人島を航行する日本の船舶を対象とする可能性があります。

中国は2月にも、領海内で違法行為を行う外国船が命令に従わない場合、海上保安庁が武器を使用できるようにする法律を施行しており、海洋安全保障をめぐる日中関係は微妙なものになっています。

今回の改正法は、中国の最高立法機関である全国人民代表大会(全人代)の常務委員会で可決されました。新華社通信によると、9月1日から施行される予定である。

この法律により、運輸省に所属する中国の海上保安庁は、安全を脅かす可能性があると判断した場合、外国船に領海としての主張を残すよう命じることができるようになる。

また、国際法上の無害通航に該当しない場合は、海外の船舶が領海に侵入するのを阻止することもできます。

近年、中国の習近平国家主席は、共産主義国家として「海洋強国」を目指す一環として、南シナ海や東シナ海で強硬姿勢をとっている。

中国は尖閣諸島の領有権を主張するために公船を頻繁に派遣しているが、ワシントンと東京は、尖閣諸島は日米安全保障条約の適用範囲内であると合意している。

北京は、釣魚島とその周辺の小島は自国の「固有の領土」であると主張している。

昨年末、王毅外相は、中国は釣魚島の主権を守ると述べ、公船を派遣したことを正当化し、「未知の日本漁船」が釣魚島の海域に侵入したと述べた。

2010年代初頭、北京と東京は尖閣諸島をめぐる領土問題に巻き込まれていました。特に、野田佳彦首相(当時)が2012年9月に尖閣諸島を国家管理下に置いたことで紛争は激化した。

野田首相の決定は、中国全土で反日デモを引き起こし、多くの中国人が日本の国旗を燃やして東京の国有化に反対した。

2018年、日本と中国は平和友好条約締結40周年を迎え、より良い関係を築くための動機付けとなった。領土問題を事実上棚上げすることで、二国間関係は相対的に改善した。

しかし、沿岸警備隊法の施行や、新疆ウイグル自治区での中国の人権侵害疑惑や台湾に課せられた安全保障上の課題などの他の問題とも対立しているため、アジアの2大国間の関係を再び複雑になった。

4月、米国のジョー・バイデン大統領と日本の菅義偉首相は、ワシントンでの首脳会談で、台湾海峡の平和と安定の重要性を確認し、中国政府を苛立たせた。

中国政府は、民主的な自治領である台湾を、武力による統一を待つ反抗的な省とみなしている。

二国間関係に詳しい外交筋によると、サミットの直後、中国外務省は在北京日本大使館の高官を召喚し、ワシントンと東京の間の合意に対して抗議を行ったという。

ある情報源が「中国は日本に対してより厳しい態度を取り始めている」と述べ、北京は金曜日までの2日間、東シナ海で軍事演習を実施していると発表した。

一方、北京は南シナ海で軍事インフラを備えた人工島を急速に建設し、ほぼすべての海域の主権を主張しています。

中国は、南シナ海において、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国10カ国のうち4カ国(ブルネイ、マレーシア、フィリピン、ベトナム)および台湾と領有権の主張で対立しています。

米国の軍艦は、世界貿易の3分の1以上が通過する戦略的水路である海上での中国の主張と行動に対抗するために、そこで「航行の自由」作戦を実施した。

習近平は人民解放軍に対し、近海の島々を奪うための演習を強化するよう指示したという。

外交問題の専門家は、南シナ海や台湾海峡への関与を強めている米国をはじめとする西欧民主主義諸国への警告だとしている。

Himalaya Moscow Katyusha (RU) 大内密探零零發

参考リンク:https://english.kyodonews.net/news/2021/04/1073524c2a56-urgent-china-passes-legislation-to-boost-power-of-maritime-authorities.html