【日本东京方舟农场】 作者:小李在大阪 校正:文拓

 近来、中共軍機が頻繁に台湾の防空圏に侵入し、台湾海峡の平和と安全を脅かしている。また、経済戦争やサイバー戦争を仕掛け、台湾の半導体技術者をリクルートして半導体技術を盗もうとしている。これについて、ミルズ大佐は、その理由を分析し、台湾の戦略的重要性に言及した。

 台湾は半導体チップ産業をリードし、軍事用、民間用の両方で台湾のチップが大量に使用されている。CCPはあらゆる先端武器を装備するためには台湾のチップを必要とする。例えば、東風-21、東風-26弾道ミサイルなどの空母キラーミサイルには台湾のチップが不可欠だ。

 台湾がCCPに取られたら、シリコンバレーのほとんど、つまり、米国の心臓が切り取られたようだ。台湾は米国の要塞、自由の最前線にいる。台湾が陥落すれば、次は日本、グアム、ハワイ、アラスカになるだろう。

 覇権主義的な行動をとり、国際秩序を乱す中共政府は全世界に平和を愛する国の敵である。米国は台湾を守ることが余儀なくされ、その国力を挙げて立ち向かう必要があると同時に、同盟諸国も重要な役割を果たすべきだ。

注:本文仅代表作者观点

参考链接:https://gtv.org/video/id=60828bd78616c84f0ff2b6bd