作者:ヒマラヤ東京桜団翻訳組

習近平は、いくつかの大国が過剰な権利を持っていると非難しているが

それはばかげているように聞こえる

中共国の独裁者のこの発言にどう思われるか

明らかに、習近平主席は

第二次世界大戦後の国際秩序を嫌っている

それは同じ価値観を持つ民主主義国家が協力しながら設立されたものだ

これらの国々は

第三次世界大戦が勃発しないように

WWII後に得られた世界の平和と安定が破壊されないようにずっと取り組んでいる

同時に、可能な限り多くの経済的繁栄を齎す

事実上、このシステムは確かに

世界経済を成長させ、人類の利益を築いた

習近平は世界を支配しようとしている

彼は覇権主義に抵抗し

正義を求めたいと体裁が良い言葉を言っている

これは彼の鼓吹で、私が言っていない

あぁ、そうだ

ところが

彼こそ西太平洋地域で覇権を求めている人だ

彼の行い

香港の民主主義制度への破壊が含まれ

南シナ海の主要な漁場に250〜300隻の民兵船を配備する目的は何だろう

彼は多数の民兵船をそこに押し込んだ

これら全ての船は

中共国軍によって武装されている

彼らはフィリピン、ベトナム、マレーシアの人々から国際的な漁業権を奪った

つまり、これらの国の人の経済を扼殺された

その地域での彼の覇権行為と言ったら

台湾への攻撃も目撃した

2020年は中共が台湾の領空を侵犯する最も活発な年だ

そして今、2021年の最初の数ヶ月で

彼は2020年で(軍事的挑発)行為を倍増させた

これこそ習の覇権主義だ

バイデン政権は、中共国を念頭に多くの(強硬的な)言論を発表し

多数の会議を開催した

そして、中共国に対する

トランプ前大統領の強硬姿勢を受け継いだ

これは正しい方向だと思う

だが、私達はこれらが単なる

言葉だけに過ぎないことも知っている

政策実施に当たって、行動こそ真の決定要因だ

これに関してまだ知らないだ

だが、我が側と日本新首相の会談

そして、インド太平洋地域における中共国の侵犯と台湾への支援に関する双方合意について

これら全ては非常にポジティブな一面だ

この記事は著者の意見であり、GNEWSとは関係ありません
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 煙火1095

0424J117fd