WJ77

日本东京樱花团

43 11
ポンペオ氏の輝かしいキャリアを振り返る

ポンペオ氏の輝かしいキャリアを振り返る

ポンペオ氏は1963年12月30日、カリフォルニア州オレンジ郡で、父親がイタリア生まれの電気機械技術者であった普通の家族から生まれた。彼の政治的キャリアを始める前に、すでに誇り高い才能とゆるぎない意志を示していた:
トランプ大統領は中国共産党を打倒し続けている!!

トランプ大統領は中国共産党を打倒し続けている!!

HTS-02J-202101-034 作者:Kana2020/ヒマラヤ東京櫻花団 トランプ大統領は20日、任期終了を目前に側近だったバノン元首席戦略官・上級顧問ら計143人に恩赦・減刑を施すと発表した。トランプ氏自身や家族、顧問弁護士のジュリアーニ元ニューヨーク市長は対象に含まれていない。 バノン氏は、2016年大統領選でトランプ陣営幹部として勝利に貢献した。トランプ政権でも首席戦略官・上級顧問として影響力を振るった。バノン氏は昨年8月、郵便・通信詐欺の疑いで連邦地裁に起訴された。ホワイトハウスは恩赦発表の中で、バノン氏について「保守運動の有力指導者で、その政治的洞察力で知られている」と指摘した。 バノン氏は爆料革命の戦友であることはよく知られている。今回バノン氏に対した恩赦は戦友たちも安堵した声が多々上がった。 それに対して、オバマ退任時の恩赦合計は異常に多かった。過去の記事を見てみると、歴代大統領の出した恩赦の合計を超えるほどで、終身刑受刑者568人解放などで1715人となっている。 また、トランプ大統領は19日、外国勢力が米国へのサイバー攻撃目的にクラウド・コンピューティング製品を使用させないようにするための大統領令に署名した。大統領令は、サイバー攻撃を目的としている外国人とのクラウド・コンピューティング製品の取引を禁止する規則を策定する権限を商務省に与えている。クラウド・コンピューティング製品の扱う米企業に外国の取引相手の身元確認や特定の記録保持を義務付ける規則を6カ月で策定するよう商務省に指示している。米政府高官によると、クラウド関連の海外との取引規制策定は約2年前から始まっていたという。最近、米政府機関を標的にした大規模なサイバー攻撃が起こっている。 トランプ氏は中国産品への関税に加え、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)に対する禁輸措置も実施した。一方の中国も対米関税で応戦し、昨年12月には国家安全に関わる戦略物資や技術の輸出を規制する輸出管理法を施行した。 世界の流れが急激に変わる時、凡人に理解できない不思議なことが次々に起ると言われる。世界中の大手報道機関はトランプ大統領を隠蔽し捏造記事を書き続けてきた。表現の自由を悪用し続けた偽物だ。偽物の情報を信用しているのが凡人だ。凡人は4年間騙され続けた。トランプ大統領の正義が悪を駆逐しても、大手報道を4年間信用してきた凡人には理解が出来ないかも知れない。トランプ大統領が、まだ悪事を働いていると思うかも知れない。報道機関はトランプ大統領を悪人だと4年間報道し続けた。報道機関は、トランプ大統領の善い言葉と行いを4年間報道しなかったのだ。今ワシントンDCに二千人の保安官がいて、三万人の兵で取り込んでいることから、なんか大事を起こすしか考えられない。爆料革命を信じている戦友たちがトランプ大統領の再選を確信している。この日はまもなく来るだろう。トランプ大統領は必勝! +2
中国人の人権を無視する日本企業

中国人の人権を無視する日本企業

HTS-02J-202101-027 日本桜グループ 黒猫 米政府は19日、中国政府がウイグル人などのイスラム教徒系少数民族に対しジェノサイド(大量虐殺)を行っていると認定した。 ポンペオ米国務長官は任期最終日に出した声明で、中共政府による少数民族の大量収容をめぐり、同国への圧力を大幅に強化。「このジェノサイドは続いており、私たちは中国の一党制国家によるウイグル人撲滅に向けた体系的試みを目にしている」と言明し、「私たちは黙っていない。中国共産党が自国民に対しジェノサイドと人道に対する罪を犯すことを容認されれば、そう遠くない将来、自信をつけた同党が自由世界に対してどんなことに及ぶかを想像してみてほしい」と述べた。 2020年3月、オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)が「ウイグル人が売りに出ている」という内容の報告書を発表した。少なくともグローバル企業83社のサプライチェーンに、ウイグル人の強制労働がかかわっていると判明した。 そのうち日本の企業は、日立製作所、ジャパンディスプレイ、三菱電機、ミツミ電機、任天堂、パナソニック、ソニー、TDK、東芝、ファーストリテイリング、シャープの11社を含めています。 この11社にはなかった良品計画も「新疆綿」を使っていることをウェブ広告に記載していた。 良品計画はユニクロと同様に新疆綿の需要は高い、調査データによると、世界市場で約20%を占める中国綿の84%が新疆綿。綿花栽培が自治区の主要産業であることから、新疆綿の栽培現場でもウイグル人の強制労働がある可能性が高いと指摘すされている。 その他、ソニーとシャープが杭州海康威視数字技術社に画像センサーを供給していることが分かった。日本の技術が中国人の人権侵害に間違いなく使われている。 今回、 中共政府がウイグル人などのイスラム教徒系少数民族に対しジェノサイド認定で日本企業への影響は避けられないでしょう、菅政権の姿勢に注目。 +8
中国共産党は「ジェノサイド(集団虐殺)」に認定され、ccpは終わりだ!!

中国共産党は「ジェノサイド(集団虐殺)」に認定され、ccpは終わりだ!!

HTS-01C-202101-076 作者:Kana2020/ヒマラヤ東京櫻花団 爆料革命が記念すべき2020年1月19日から一周年の今日、2021年1月19日にポンペオ米国務長官から最大の置きお土産を頂いた。 ポンペオ米国務長官は19日、声明を出し、中共国政府による新疆ウイグル自治区のウイグル族ら少数派の迫害について「ジェノサイド(集団虐殺)」かつ「人道に対する罪」だと認定したと発表した。その上で「ジェノサイドは続いていると確信している」と非難した。ポンぺオ長官は声明で、入手可能な事実の精査を経て認定に至ったとした上で、「ジェノサイドが継続していると確信している。中国共産党によるウイグル族壊滅に向けた組織的な攻撃を目の当たりにしている」と言明した。政府高官によると、ポンぺオ長官は新疆ウイグル自治区における中共国政府の政策や慣行、虐待に関する文書を精査し、少なくとも2017年以降にこうした行為が行われていたと判断したという。 中国問題に関する米連邦議会・行政府委員会(CECC)は先週公表した報告書で、中国によるウイグル族に対するジェノサイドの可能性を指摘していた。 昨年11月の米大統領選前、バイデン氏の陣営は新疆ウイグル自治区でジェノサイドが起きているとの見解を表明していた。  バイデン氏が国務長官に指名したブリンケン元国務副長官も19日の上院公聴会で、ウイグル族迫害のジェノサイド認定に同意した。ブリンケン氏は、同自治区での強制労働で作られた物品は輸入すべきでないとの認識も示した。また、米次期財務長官に指名されたイエレン連邦準備制度理事会(FRB)前議長は19日、上院財政委員会の公聴会で「中共国はおぞましい人権侵害を犯している」と述べた。新疆ウイグル自治区での抑圧行為などを念頭に中共国を批判した。 集団殺害罪の防止および処罰に関する条約は、集団殺害を国際法上の犯罪とし、防止と処罰を定めるための条約である。「ジェノサイド」(「種族」(genos)と「殺害」(cide)の合成語)を定義し、前文及び19カ条から成る。通称はジェノサイド条約という。締約国は、集団殺害が平時に行われるか戦時に行われるかを問わず、国際法上の犯罪であることを確認し、これを防止し、処罰することを約束する。 中国共産党は「ジェノサイド(集団虐殺)」に認定されたことにより、中国共産党員たちが爆料革命を支持すると表明しないかぎり、テロリストに認定されてしまうことになる。また、中国共産党の所有資産が全部不正の金となり、中国共産党と取引関係が続ければ、あらゆる組織や個人は犯罪組織や個人と扱われしまう。中国共産党はもう終わりだと言えるだろう。 日本企業は少数民族を虐殺し続ける中国共産党と今後もビジネスを続けていいだろうか。日本の国民、消費者、有権者及び親中企業や政治たちに甘い態度を改めねばならないと思う。 +13
【ホットニュース】世界中1週間で9人のカトリック司教が新型コロナウイルス感染で亡くなった

【ホットニュース】世界中1週間で9人のカトリック司教が新型コロナウイルス感染で亡くなった

HTS-01J-202101-074 作者:香草山写作组 Naughty 和訳:旭鵬(文鵬) /ヒマラヤ東京櫻花団 リオデジャネイロ元大司教のエウセビオ・オスカー・シャイデ枢機卿。 写真出典: Gblobato via Wikipedia (CC BY-SA 4.0) 1月8日から1月15日までの間に、3大陸の数人の司教が新型コロナウイルスのために死亡した。亡くなった司教の年齢は53歳から91歳までと幅広く、そのうち5人は新型コロナウイルスの変異種を発見されたヨーロッパで死亡した。 4人の司教は1月13日同日に亡くなって、それぞれ:グラスゴー大司教フィリップ・タルタリア氏(70歳)、ザンビア・モンゼ司教モーゼ・ハモンゴレ氏(53歳)、イタリアのファノ司教マリオ・チェッキーニ氏(87歳)、ブラジル・リオデジャネイロの退役大司教エウセビオ・オスカル・シャイデ氏(88歳)。タルタリア司教は、クリスマス後に新型コロナウイルスの陽性検査を受け、自己隔離を行ったが、グラスゴーの教区は、彼の死因はまだ明らかでないと強調している。 1月12日、コロンビアのサンマルタ教区では、74歳のルイ・アドリアノ・ピデラチタ・サンドワル主教の死を記念する鐘が鳴った。69歳のトルヒーリョ司教カストル・オズワルド・アスアッハ氏は1月8日にウイルス感染が確認された後、ベネズエラで初めて、新型コロナウイルスで死亡した司教となる。61歳のルーマニア・クルイ=ゲラのギリシャ・カトリック司教フロレンティン・クリハルメニュー氏が1月12日に亡くなった。彼は教区から「勤勉で、穏やかで謙虚な魂」と誉められた。  ジロナ・ゴラ・ゴルゾフ教区名誉ポーランド司教アダム・ディチコフスキー氏は1月10日に88歳で亡くなり、イタリア大司教オスカー・リザート氏は1月11日に91歳で亡くなった。リザート氏はサンクトペテルブルクで教皇の托鉢役を務めていた。  原作者コメント:現ローマ法王フランシスコ氏が中共と密接な関係を持っていることはすでに世界的に知られている事実であり、次のカトリック教皇選挙が近づいている今、世界中の司教が新型コロナウイルスでこれほどまでに密集して亡くなるのは非常に異例と思われ、その背景にはどのような秘密が隠されているのか、また、中共とのつながりはどうなっているのか、引き続き注意を払う必要がある 原作のHPご参照:https://gnews.org/zh-hans/762272/ +3
【ホットニュース】トランプ大統領を追放した企業一覧

【ホットニュース】トランプ大統領を追放した企業一覧

HTS-01J-202101-076 作者:纽约香草山写作组 Daxia 和訳:旭鵬(文鵬)/ヒマラヤ東京櫻花団 weloveTrumpの整理によると、トランプ大統領既に複数のサービスの利用を禁止されている。最初はフェイスブックやツイッターだったが、その後多くの企業が追随し、トランプ氏の製品やサービスの利用を禁止した。 以下は彼を禁止した企業や団体のリスト: Twitter:(ツイッターは「暴力への扇動」という条項や方針に違反したとして、大統領のアカウントを永久に禁止) Facebook :(トランプ大統領はフェイスブックから2週間の訪問を禁じられたが、同社の広報担当者によると、禁止は長引く可能性がある) Shopify:(トランプ陣営に関連する2つのオンラインショップを取り下げた) Reddit Reddit:(ドン・ナード・トランプ・グループを撤去) Twitch:(ライブストリーミングサービスがトランプ氏の「Twitchコミュニティを守れ」をブロックした、なんてジョークだろ?) Instagram:(トランプ氏は既に2週間禁止され、おそらくもっと長く続くだろう) Youtube:(トランプ氏を7日間禁止し、彼の動画の一部を削除) Google/Apple:(トランプ氏がTwitterの代替ソフトとしたParlerをオフライン) Snapchat:(Snapchatはトランプのアカウントを閉鎖) Pinterest:(トランプ氏のトピックタグへのサポートを認めない) Stripe:(ストリープはトランプ大統領の選挙運動のための資金を処理しなくなる) Spotify:(音楽とポッドキャストのストリーミングアプリはトランプ氏のアカウント登録を禁止) PGA:(全米ゴルフ協会が2022年大会でトランプ氏のコースの使用を禁止) Deutsche Bank:(このドイツ銀行は、トランプ氏にサービスを提供しなくなると表明) Signature Bank:(このアメリカの銀行は、トランプ大統領との取引をしなくなると公表) ニューヨーク市の契約:(ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は水曜日、ニューヨーク市がトランプ大統領との商業契約をキャンセルすると発表) ビッグテックは、愛国者の心の中でトランプ氏の居場所を変えることはできないが、トランプ氏は歴史上最も敬意を持って扱わされていない大統領であることも確かである。しかし、筆者では真実は必ず明らかになると信じている。 原作のHPご参照:https://gnews.org/zh-hans/755698/ +3
Linda in USA received a phone call from a policeman in China

Linda in USA received a phone call from a policeman in China

HTS-01E-202101-075 Author:HMLY Sakura Group-小雨rain This is a very common story which happens in China everywhere every day. I told you this story because I want to give my big thanks to American people. Linda visited her son in USA in July 2020. She received a phone call in Dec 2020 from a policeman in China.