ビルマクーデターによる混乱の中、中国共産党の影

作者:台灣準農場快慢機(翻訳:鈴鈴巻)
參考資料

ビルマ国防軍による突然の軍事クーデター!

2021年2月1日の朝、ビルマ国防軍は、当時のビルマの与党である国民民主連合の軍事クーデターが突然始まった。ビルマの権力を見事に奪った国防軍総司令官「ミン・アウン・フライン」将軍は、数時間のうちに、すぐさまビルマ全土に1年間の「非常事態宣言」を出したのです。ウィン・ミント元大統領やアウン・サン・スー・チー上級国務大臣など、国民民主連盟の指導者が多数逮捕されました。 翌日、ビルマでは抗議の波が押し寄せ、一瞬にして徹底的に火がついた。

山雨来たらんと欲して風楼に満つ


ビルマ国防軍による突然の軍事クーデターは、2020年11月8日のミャンマー議会選挙で、元与党国民民主連盟(NN)が詐欺の疑いがあると非難した。 選挙詐欺の疑いがある今、なぜ裁判と責任を検証するために独立した司法手続きをとらないのか、むしろ、権力を盗むために違法な軍事クーデターの極端な手段を緊急に利用しているのでしょうか?

また、2020年11月に行われた2020年の米国大統領選挙では、選挙は不正と目障りな面白さが疑われました。 米軍は、この機会を利用して軍事クーデターを仕掛けたり、次期大統領に元大統領の違法な逮捕を開始するよう要求しなかった。 それどころか、米国は司法の手段を求めているが、連邦最高裁判所は最終的に米国の選挙違反に対する控訴を棄却した。 同様に、ビルマの軍事政権は、違法な選挙に関する元与党の独立した公平な司法審査を行っていない。 偶然の一致か?

軍事統制、戒厳令、外出禁止令、内戦!?

2020年の米国大統領選挙では、ワシントンD.C.で大規模な暴徒がキャピトル・ヒルを襲撃し、直ちに重武装した国家警備隊の兵士が大量に移動して首都を取り締まるという衝撃的なシーンがありました。 その後、軍の統制、戒厳令、外出禁止令などが続きました。 この時期のアメリカは、ほとんど内戦状態にあったといってもいいでしょう。

アメリカを混乱させ、アメリカを弱体化させ、アメリカを殺せ! これが、郭文貴氏が最初に明かした中国共産党の対米の3F計画である。 今やこの計画は、2020年のアメリカ大統領選挙で中国共産党がほぼ「完璧な演出」していたが、 但し、アメリカは、中国共産党の思惑通りに内戦状態にならずに済みました。

米国はこの最後のトリックに引っかかっていない。 そして、新政権は中国共産党に手を緩める気配はありません。 中国共産党は、虎の子の尻を叩いても面白くないことを知って、 焦点をその戸口に戻したのです。
このクーデターに先立ち、2021年1月12日、中国共産党員で外務大臣の王毅が突然の低姿勢なナイピドーを訪れ、ビルマ国防軍司令官のミン・アウン・フライン将軍と会談した。 その1カ月後、クーデターが発生し、ミン・アウン・フライン将軍がビルマの政権奪取に成功した。中国共産党は、アメリカでやろうとしてできなかったことを、ビルマでは「シームレス」かつ「完璧」にやってのけたのです。

市民の抗議行動が軍政による無差別の武力射殺につながり、現場の弾薬の残骸からは「中国語の注釈」が発見されて驚く!


ビルマ軍政が政権奪取に成功した翌日、ビルマ全土で大規模な抗議行動が発生した。ビルマの軍事政権が政権奪取に成功した翌日、ビルマ全土で大規模な抗議活動が発生した。 国防軍がデモ隊を無差別に銃撃し、1日で数十人を殺害したのは腹立たしい。さらに、ビルマ軍による無差別で暴力的な攻撃と逮捕に抗議する人々も多数いる。デモ隊が現場で拾ったビルマ軍の弾薬の残骸には、「中国共産党製」と書か刻印されている。 世界中の国々がビルマ国防軍による残虐な行為に対する制裁を発動し、武器や装備の輸出を制限しているが、中国共産党は抗議者を鎮圧するために秘密裏にビルマ国防軍に武器や装備を供給している——何とも不吉な意図を感じます。

ビルマの国防軍がビルマの中国企業を潰して燃やし、そして、デモ隊に罪を着させた。これは、香港のブラックポリスと同じです。


ビルマで抗議活動が活発化している中、ビルマ国防軍が抗議者に偽装して、ビルマにある中国企業に破壊し、燃やした行為をビルマの抗議者に着させ、抗議者に対する違法で暴力的な弾圧をさらに強化する機会を得たのです。これらはすべて、以前に香港でブラック・ポリスが行ったことと全く同じである。さらに、ミャンマーには台湾事務所を含め、100カ国以上の国が大使館や領事館を設置しています。 ビルマの軍事政権は、在ビルマ中国大使館周辺を軍事管制・外出禁止区域に指定しているほどで、この操作には何か裏があることは明らかです。

アメリカの混乱、香港の追悼、ビルマの悲劇など、この舞台裏の暗い影、中国共産党が世界に向けて未宣言の戦争を始めたのだ!

文章審核:鈴鈴巻、zhong
文章發布:Little Liu

+2
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments