ブリンケン氏「中共ジェノサイド犯罪」を改めて明確

【日本东京方舟农场】記事編集:风花雪月 校正:ReiHaru(黎明)

ブリンケン氏は、2021年3月10日に下院外交委員会の公聴会で「中共が新疆でジェノサイドを実施し、反人類罪を犯したこと」を改めて明確にし、中国の人権侵害問題への懸念に視線を向け続けるとみられる。

米国は、中共のジェノサイド犯罪を途絶する為、大量虐殺や深刻な人権侵害を行った個人や団体に対しての制裁とビザの制限を実施するという多くの行動を取ってきたという。それに対しブリンケン氏は、「もっと厳粛な実際の行動も重要である。」と強調しながら「我々と他の同盟は、中国人権侵害の使用と見なされる製品を中国への輸入規制を講じるべき。」と挙げ、同盟国からの一斉制裁を呼びかけた。

中国で発生したジェノサイドを「文化的な常態」と評価したバイデン大統領の発言に対してブリンケン氏は、「ジェノサイドと見なしている」と述べ、中共のジェノサイド犯罪との観点を明らかにした。

参考链接:https://gtv.org/video/id=604ed880527b920e2d82cda1

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments