米中はアラスカで激しい非難応酬を繰り広げた

作者:ヒマラヤ東京桜団日本語翻訳組

このシステムは抽象的ではなく、各国間の相違を平和的に解決することに役立つ

多国間の努力を効果的に調整し、全ての当事者が同じルールが従うことを保証し、グローバルな商取引に参加することだ

ルールに基づく秩序に代わるものは、力が正義で勝者が全てを手にする世界であり

これは我々全員にとってより暴力的で不安定な世界である

我々はまた、新疆や香港、台湾を含む中国の行い、米国に対するサイバー攻撃同盟国の経済への威圧に対する深い懸念も議論する

これらの行動は全て、世界の安定を維持するルールに基づく秩序を脅かすものだ

だから、それらは単なる内政ではない

今日、ここでこれらの問題を取り上げる義務がある

我々は本日、世界情勢に対する米国の圧倒的な優先事項は、世界情勢へのアプローチと中国問題に対する我々のアプローチが米国民に利益をもたらし、同盟国やパートナーの利益を守ることを確実にすることである

我々が争いは望まないが、厳しい競争を歓迎する

我々は常に自分たちの原則、自分たちの国民と盟友のために身を挺して立ち向かう、対決の時代もあった

対立の結果は米国にとって良い結果に繋がっていなかった

米国は何を得たのか?私は何の利益もないと思う

ただ、米国に大きなダメージを与えた

我々中国は生き残った

だから、米中関係に対する評価は、習近平主席が言ったように衝突せず、対立せず、相互尊重し、ウィンウィンの協力関係を築くことだ

中国は過去でも、そして将来においても、米国からの根拠のない非難を受け入れることはないだろう

同時に、我々は米国が中国の内政に干渉するという覇権主義的行為を諦めて欲しい

この古い習慣は直すべきだ我々は米国の招待でここに来た

しかし、我々が出発する前日、米国は中国に対する新たな制裁をした

それがホスト国としてすべきことではないと思う

勿論、米国側がこの動きを利用して中国に対する優位性を高めようとしているのであればあなた達が恐らく計算違いと思う

それは内心の弱さと無力さを証明するだけで中国の正当な立場に全く影響を与えない

また、中国の人々の意志を揺るがすこともない

外事弁公室主任と国務委員の長い話を受けて実際の協議を開始する前に、少し話しを補足させて下さい

サリバン氏もいくつかの点を言うかもしれない

私が国務長官になってからの短い期間、私は世界中の約100人のカウンターパートと話し最初の外国訪問として前にも述べたが、日本と韓国に訪れたばかりだ

私が聞いた話はあなたの主張と大きく異なることを伝える必要がある

私が聞いたのは米国の復活、そして同盟国やパートナーへの関与に対する深い満足である

私はまた、中国政府が取っているいくつかの行為に対する深い懸念を聞いた

それらについては実際の会議で話し合う機会がある

自信のある国は、自分の欠点を真剣に検討し、常に改善を求めることができる

これが米国の秘訣である

この記事は著者の意見であり、GNEWSとは関係ありません
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 煙火1095

0321J131fd

+5
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments