中共、一貫して武漢研究所で起きたことが全世界で暴露されることに抵抗・拒否してきた

作者:ヒマラヤ東京桜団日本語翻訳組

コロナウイルスとその起源

そして研究室やその近くの(海鮮)市場の役割について

『The Politician』は多くの驚くべき動画と2018年に起きていたことを掲載した

一つには、そのような実験が現地で行われていたことが私には衝撃的だった

つまり、コロナウイルスを人間の肺の

細胞受容体であるACE-2受容体に感染させる実験だ

米国当局は

この中共の研究所がウイルス発生のしばらく前に行われた研究で

ACE-2受容体を含むマウスを使ったコロナウイルス実験を行っていた可能性が高いと認識し始めたが

これは(中共が)開示しておらず、(中共は)否定し続けている

この調査結果を早くも2018年には知っていたのか?

だからこそ、機密のままの情報には慎重でありたい

しかし、私が言いたいのは、私達は武漢ウイルス研究所で起きていることを常に懸念している

私達は、より広範な生物学的研究に対する(中共の)取り組みに深い懸念を抱いている

中共が行っている生化学研究と

その研究所で採用している手法は

米国や全世界が求めている安全基準を満たしていないことが分かっている

私達は長い間、世界保健機関(WHO)の中で

これに疑問を投げかけようとしてきたが

今、WHOが政治的組織になったことが世界にはっきりと見え

科学的組織ではなく、中共の配下にある立場になった

WHOは、これらの措置が合理的に実施されることを保証する責任を負うべきだ

そう、だから中共がこれらのプログラムをどのように行っているかについて、私達は多くのことを知っている

そして、あなたが言うように

外交官達は2通の電報をワシントンに送って、武漢の研究所を訪問し

研究所により多くの安全基準が必要だと述べたことを報告した、また彼らはワシントンに対し

研究所で起こっていることについて警告を発し、それに従うよう求めた

最後に、考えてみると、ポンペオ国務長官は

できることならなぜ行動を起こさなかったのか?

ただWHOを通じて(仕事を)やっていただけなのか? 

そのことを後悔しているのか?

いいえ、私達はWHOや他の同盟国、パートナーを通じた活動だけでなく

中共を直接説得して

西側諸国がこれらの研究所に入るのを許可し、実質的に私達がそこでセキュリティプロジェクトを構築することを許可するように促したのだが

いずれも、中共に抵抗され、拒絶された

この記事は著者の意見であり、GNEWSとは関係ありません
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 煙火1095

0315C101fd

+6
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments