中共は新疆でジェノサイドを実行し、反人類罪を犯した

作者:ヒマラヤ東京桜団日本語翻訳組

コロナ禍は依然とした中、全世界で数百万もの人間の命を落としてしまったと同時に

中共はウイルスのせいで引き起こした恐怖と絶望を利用している

しかし、まさに中共が混乱を引き起こし、そして彼らの独裁日程を早まるために

ウイルスを隠蔽しようとして、また拡散を許した

以前から絶えずに言ったように中共はもう世代に影響を与える重大の脅威をなっている

この瞬間でも、彼らは少数民族とある宗教の少数民族に対し、ジェノサイド行為を実施し

米国の知的財産を盗み、台湾を威嚇し、そして当該地域の軍事拡張を過激化する

また、一帯一路を通じて沢山の国に掠奪している

我々が分かる、中共は再びこの世界を作り直そうとしている(新しい国際秩序を制定する)

習近平氏は彼のマルクス主義のイデオロギーが民主より素晴らしいと宣伝した

我々は中共の行為をジェノサイドと定義し

反人類罪を犯した個人と実体に対して制裁した

それ以外に、中共のジェノサイド行為を阻止するため、どんな行動を取られるだろうか

我々は既に行動を取った、もしくは沢山の行動を取ることができる

即日から

ジェノサイド及び深刻な人権侵害を行った人に制裁及びビザ制限するなど

また更に厳粛な実質的な行動も非常に重要だと思う

例えば、我々と同盟国は

中共国に如何なる国民と少数民族を虐めるために使われる製品の輸出をしないことを確保すべきだ

同様に、如何なる強制労働所で作り出した製品の輸入を許可しない

我々はきっとこの問題について更に強い態度を示すはず

中共国のジェノサイドについて、本当にそれぞれ国の異なる規範だと解釈されるか?

この言い方は妥当かと思われるか?

これに対して、今まで我々或は私の態度はとても明確である

終始それをジェノサイドとさまざまな人権侵害の行為と看做される 

我々が引き継ぎこの観点をはっきりさせるつもりだ

この記事は著者の意見であり、GNEWSとは関係ありません
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 煙火1095

0315C098fd

+4
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments