中共にウイルスの責任を取って貰う!

作者:ヒマラヤ東京桜団日本語翻訳組

ブリンケン長官が中共国高官と会うとき

彼にどのような対策を取ると提案されるか?

私はまた、中共と多くの会議をしてきた

中共はいかなる譲歩もせず、トランプ政権も譲歩しなかった

我々は中共に真の代償を払わせたが、この政権にも同じことをしてほしい

武漢ウイルスについて、ブリンケン国務長官が

中共に責任があることを明確にすべきだと思う

次に、ウイルスの正確な発生源について、まだ答えが出ていないが

中共はウイルスの発生源を知っている、中共は世界に伝える必要がある

ウイルスはどうやってできて、どこから来たと思うのか?

ウイルスが武漢から来たのは、ほぼ確実に言える

武漢ウイルス研究所の実験室で何が起こったのか、

多くの確かな証拠がある

第二に、我々が知っているいくつかの他の事実(証拠)がある

今年1月にファクトシートを公表し、いくつかの事実を明確に指摘した

これらの事実は、ウイルスが実験室から来たことを強く示唆しており

実験室での偶発的な漏出によるものかもしれない

三つ目は、中共は何が起こったかを確認するために、

誰もその実験室に入ることを許さないのだ

ジャーナリストを行方不明にし、事情を知っている医者が

消させるという隠蔽自体が犯罪だ

真実は、中共がウイルスの本当の発生源を世界に知らせないが

中共自身は間違いなくウイルスの発生源を知っている

この事実は最も有力な証拠であり

ウイルスは中共が世界に知られたくないところ

–実験室から来たことを示している

この記事は著者の意見であり、GNEWSとは関係ありません
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 煙火1095

0315C097fd

+4
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments