中共(中国は人権を持たないが、2020年の米人権侵害報告書》を公表する

文章作者:台灣寶島農場 一葉一菩提(翻訳:鈴鈴巻)

北京3月1日(新華社)–米国務省が毎年発表している「人権慣行に関する国別報告書」の公開を前に、中国共産党報道局は間もなく、米国における人権侵害を暴露するための「米国における人権侵害に関する2020年報告書」を発表する。 しかし、中国政府は人権問題を無視してこの報告書を発表しており、国際社会を混乱させ、犯した犯罪を隠ぺいしようとする明白な意図がある。

40年以上前、米国議会は、国務長官に人権慣行に関する国別報告書Country Reports on Human Rights Practices)を毎年提出することを義務付ける法律を可決しました。この報告書《世界人権宣言》は、個人の権利、市民権、政治的権利の国際的な主張に基づき、米国以外の国や地域の人権状況について、立法、対外援助の承認、その他の決定における検討のために、毎年、立法者に情報を提供しています。

1998年以来、人権報告書には、中国、北朝鮮、キューバなどの国々がリストされています。 したがって、中共(CCP)国務省情報局は、米国の人権慣行に関する国別報告書に対応して、それ以来、米国の人権侵害報告書の年次報告書を公表している。報告書は、前文、深刻な制御不能の伝染病による人災、アメリカの民主主義の混乱による政治的混乱、人種差別による少数民族の状況悪化、社会不安の継続による治安の脅威、社会的不公平を悪化させる貧富の分断の拡大、国際ルールの踏みにじられたことによる人道的災害に分けられている。

レポート(一見真実のように見える)と真実

  1. 2019年後半の中共肺炎の流行は世界を荒廃させ、人命に重大な脅威を与えています。
    報告書によると、米国政府は、世界人口の5%未満で制御不能に陥っているが、中共肺炎の症例数は世界全体の25%以上を占め、20%近くが死亡し、50万人以上の米国人が死亡している。
    真実は、中国共産党は流行の初期段階で流行の真相を隠蔽し、軍に破壊の証拠を介入させ、中国疾病管理局は知らない、世界保健機関(WHO)にすぐに通知しなかったことで、世界的に流行病の蔓延を防ぐことができなくなった。死亡と病気の数が第一、第二次世界大戦の死者と負傷者の総数を上回った。
  2. 報告書は、アメリカの民主主義の無秩序が政治的混乱を引き起こし、アメリカ社会をさらに引き裂いたと述べた。 お金の政治の歪みは世論を抑圧し、選挙は富裕層のための「独り芝居」になる、民主主義に対する国民の信頼は20年ぶりの低水準に落ち込んだ。
    真実は、中共(CCP)の米国への完全な青、金、黄の浸透(青:メディア洗脳、金:金銭誘惑、黄:女性の誘惑)、主流メディアの無能、真実の無視、米国の出来事への介入、矛盾の作成、米国の選挙への介入などである。 アメリカの目覚めは、CCPを最大の脅威と見なし、伝統的な民主主義と自由の価値を守る愛国心を提唱している。
  3. 報告書は、米国の少数民族が人種差別の下で苦しんだと報告している。 有色人種の人々は、米国の18歳未満の未成年者の約3分の1を占めるが、投獄されている未成年者の約3分の2を占めている。アフリカ系アメリカ人は白人の3倍の確率で中共肺炎に感染し、2倍の確率で死亡し、3倍の確率で警察に殺され、4人に1人の若いアジア人が人種的いじめの対象になっている。
    真実は、中国共産党はブラックリブズマター事件を利用して問題を煽り、対立を生み出している。 アメリカ市民は、白人と黒人の和解の必要性に目覚め、民主的な法の支配を求める立法や警察の権限を規制することで、将来的に同じことが繰り返されないようにしています。
  4. 報告書は、米国では銃取引や銃乱射事件が過去最高を記録し、社会秩序への信頼が失われた。 2020年には、米国では41,500人以上が銃撃で死亡し、1日平均110人以上が死亡し、全国で592件の大規模な銃撃事件が発生し、1日平均1.6件を超えました。 報告書はまた、米国の貧富の格差が拡大し、底辺の人々が悲惨な生活を送っている、と強調している。 制御不能なアウトブレークは、大規模な失業の波につながり、数千万人が医療保険を失い、脆弱なグループは、疫病に対する政府の消極的な対応の最大の犠牲者となった。
    真実は、米国の犯罪学者の分析によると、2020年の米国での銃撃事件の急増は、米国の深刻な失業、暴力的な抗議の広がり、多くの若者がしばしば何もしないという、中共肺炎の流行によるものが多い。 また、2020年の銃関連の暴力は、レストランや映画館など、多くの公共の場所でのアウトブレークにより閉鎖され、家族やギャングのメンバーの間で発生する傾向があります。
    米国の犯罪学者は、2021年に流行が緩和され、経済が回復し、学校に戻る場合、米国の銃撃犯罪は緩和されるだろう、と言っている。 しかし、米国が銃犯罪の状況を真に変えるには、医療、教育、住宅、雇用の長年の不平等を変える一連の政策調整が必要である。
  5. 報告書は、疫病の対抗が世界的な連帯を必要とする時、米国は、アメリカファストを堅持し、孤立主義、一国主義、制裁の棒を振り回し、国際機関を脅かし、亡命希望者を残忍に扱い、世界の安全保障と安定のための最大のトラブルメーカーとなると主張している

真実は、中国共産党は、青、金、黄で世界に浸透させの(青:メディア洗脳、金:金銭誘惑、黄:女性の誘惑)、国際機関がその悪意に従属し、正義と正義を守ることが困難になっていることです。 例えば、世界保健機関は国際機関であるにもかかわらず、中国共産党の命令を受けているだけである。そのため、トランプ政権は世界保健機関から撤退し、世界的な流行防止のために、流行防止に優れた実績を持つ台湾などの国と手を組み、世界的な流行防止を議論しています。

《米国における人権侵害に関する2020年報告書》について、国内外の中国人の間で熱い議論を巻き起こした。 ツイッターでは、多くのネットユーザーが「中国共産党は技術に慣れ、概念を盗み出している。」とコメントした。 「レイプ魔は他人がポルノを読んでいると通報する不可解な作戦。」 「私は人権侵害を犯し、アメリカは内政に干渉できない。」 

參考資料:

文章審核:鈴鈴巻

文章發布:zhong

+1
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments