ボユキャピタルのアントグループ、シンガポールで中国共産党の「新共産党プロジェクト」を実施へ

台灣寶島准農場Amitofu (翻訳:鈴鈴卷)

2月23日、郭文貴氏は、中国共産党習近平と江沢民の内部抗争について合意に達したとゲイター生中継で語った。江志成が保有する皇太子党基金の資金であるボユ・キャピタルをシンガポールに移し、シンガポールの完全な共産化を目指す「新共産主義計画」を実施することになった。リー(李顯龍)一家主導のシンガポールを完全に潰し、シンガポールを完全に共産化することを目標にしています。東南アジアにおける共産党の情報、政治、経済の中心地として、マラッカ海峡の貿易輸送を制御する場合でも、マレーシア、タイ、台湾、日本の利益を含む江家に譲る。

名目上は共産党の任務を遂行しているが、実際には江家の利益を守るためである。

習近平は江沢民家に対し、中国政治をやめ、アリババ傘下のアリ・ゴールド・スーツの上場と引き換えに、海外での情報任務に集中するよう要求した。江沢民の家族や、中国共産党中央委員会政治局常務委員の賈慶林の義理の息子である李伯潭氏を含む太子党は、中国共産党の習近平国家主席の清算を恐れて、シンガポールへの焦点を移し、ボユの資本の多様化にも貢献した。

郭文貴率いる新中国連邦は、毒を使って共産党を滅ぼし、金を使って共産党を滅ぼすという至高の知恵を実現し、世界に大きな影響力を持つことになる。正義を実行し、王国、尊厳、信仰、自由、民主主義、法の支配を人民に返し、共産党による人民への迫害、中国共産党が新疆に対する大虐殺、新冠生化学ウイルスの超限界兵器、世界の白人エリートを絶滅させる計画について新中国連邦は世界の勢力とより緊密な連帯と協力関係を築くことができるだろう。

筆者の考えでは、新中国連邦宣言64の中で、郭文貴が指の血を噛む誓いをしたからこそ、全仏神の無限の加護に触れられたのではないだろうか。また、すべてのカルマの結果をまとめて、世界の闇と人間の欲、怒り、憎しみ、疑念の靄を打ち破ることができます。また、世界各国の政府に影響を与え、共産党を倒すために協力してきた。共産党排除の重責を背負う郭文貴の無私に感謝して、私たちは彼の巨人のような肩に立っている。

共産党、もう終わりだな×3 この記事はあくまでも個人の立場である

ソース:七哥蓋特

記事のレビュー: 鈴鈴卷

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments