ハンブルク大学物理学者Roland Wiesendanger:中共ウイルスの実験室由来は、99.9%確信

【日本东京方舟农场】翻译:小李在大阪   校对:文拓

ドイツハンブルク大学物理学者Roland Wiesendangerは中共ウイルスの起源を明らかにした。調査は、パンデミックの原因が武漢ウイルス研究所での実験室事故だと結論付けている。

この調査は、2020年1月〜12月に実施され、科学文献、印刷物やオンラインメディアの記事、各国の研究者との個人的なコミュニケーションを含む幅広い情報源、および、学際的な調査アプローチを使用した広範な調査だった。

発生起源地と疑われる武漢中心部の生鮮市場では、コウモリは販売されていない。しかし、武漢ウイルス研究所は、中国南部の辺鄙な洞窟から採取された、世界最多のコウモリ病原体を保有している。コウモリが約2,000km離れた武漢に侵入し、パンデミックを引き起こす可能性は非常に低い。

武漢ウイルス研究所は、コロナウイルスをより感染性が高く、より致命的なものにするために、コロナウイルスの遺伝子操作(機能強化研究)を長年研究してきた。パンデミックが発生する前に、武漢ウイルス研究所では安全対策が不十分だとの記載があった。 現在の証拠が量と質の両方で「実験室事故説」を明確に証明している。Wisendanger教授は、「これは、もはや少数の科学者グループだけの問題ではない。公に議論することが急務だ。」と述べた。

参考网站:

1.https://www.uni-hamburg.de/en/newsroom/presse/2021/pm8.html

2.https://gtv.org/video/id=603b648f1958515902381886

3.https://www.youtube.com/watch?v=MCApE9TAKl0

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments