中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例4:全体主義と嘘(その4)

作者:捆綁CCP一千年/ヒマラヤ東京櫻花団

和訳:叁貳壹倒計時/ヒマラヤ東京櫻花団

校正:春華秋実/ヒマラヤ東京櫻花団

「1914年の理念」は中共党史が提唱されたもので、「米国の学者レスリー・リプソンは、1914年以降の欧米諸国の国家と社会の関係は、モノイズムモデルに回帰したと述べた」。中共が得意とする思想については、著者が解読する必要があるが、ドイツ問題の専門家であるイェジュン氏は、「1914年の理念」、実は中共が演じた「モノイズム」であると示した。モノイズムは、即ち刑罰(制裁)で安全保障機能(社会保障制度)を実現するための刑罰モノイズムと、安全保障(制裁)に置き換えるための安全保障(社会保障制度)モノイズムである。これと「モノイズム」の違いはほとんどない。「モノイズム」とは、中共がよく言う「理想主義」のことで、実際には「一神教」である。「一神教」に対して「多神教」があり、つまり一般社会が提唱する多様な社会モデルと言うのが存在する。中共国の無神論思想の裏に、自らを神として創り出すという嘘がある。習近平は自らを「ドラゴンの後継者」と称しているため(中共国の国民は習近平が自分を神の子と思うのが知っている)、2017年11月17日(動画公開時)に中国でトランプ大統領を迎えた際、外国国家元首を迎える習慣を破り、紫禁城で出迎えた、それに誇らしげに「俺達はドラゴンの子孫だ!クソ!」とトランプ氏に宣言した。「クソ?」それは14億人の国家元首が言った言葉だ! (習近平のリンクを参照)

前述の「1914年の理念」に戻ると、1914年は107年前(2021年)のことだが、この数字に意味があるのだろうか?周知のように、1914年は第一次世界大戦が勃発した日だ。16年後、ドイツのナチズムはユダヤ人に対して大量虐殺を行った。2021年から7年を引くと、それは習近平が中国の権力を完全に奪った日となる。従って、著者は、習近平が率いる中共政権は、ドイツに人類運命共同体のネオナチ理念を広めることに多くの抵抗を受けた後、ドイツが「切ない」としたところ、中共がドイツとの政治文化の共通性を求めることは、これから中共が探求し、解決しなければならない問題と結論づけている。この疑問は2月19日、ドイツの《BILD写真紙》が「中共国が今、これらの5つの質問に答えなければならない!」で習近平の権威に挑戦した。ドイツへの中共の浸透は失敗と宣告された。

中共党史の愚かなシンクタンクは中共ウイルスがナチスの歴史を持つドイツを刺激したことを忘れた。ドイツはBGY (所謂「藍金黄」)計画にされやすい国であり、ドイツとフランスを介して欧米の価値観をこじ開けるための入口と架け橋と考えていたようだ。実際、中共国の戦略は明確で、第三次世界大戦の本格的な戦争は、2本の太い赤い線路を通して欧米諸国に第三次世界大戦を行われている。つまり、1本の赤い線は米国、もう1本の赤い線はドイツである。人類の歴史はこれを記録するだろう、中共の超近代的な戦法、即ちネオナチの中共国が人類の文明を襲った。筆者は、中共の完全犯罪計画が今、挫折しただけだと思う。中共の完全犯罪が破綻して滅びるのは時間の問題であり、恐らく自滅を招くだろう。本議題は中共の犯罪心理を暴露し続ける。無実の中国人と世界平和を愛する人々は共通の目標「Take Down the CCP!」を持っていると信じている。

2021年2月23日に東アジアで書き下ろした。

この記事は著者の意見であり、GNewsとは関係ありません

二次校正: 定於二尊/ヒマラヤ東京桜花団

HTS-02J-202102-060

リンク:

原作新華社

人類運命共同体

習近平

路德社

王毅

新疆

+2
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments