中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例5:超限遺伝子戦争(その二)

HTS-02J-202102-058

作者:捆綁CCP一千年/ヒマラヤ東京櫻花団

和訳:春雨绵绵/ヒマラヤ東京櫻花団

校正:春華秋実/ヒマラヤ東京櫻花団

習近平氏のチャイナドリームは一般的に悪夢と見なされて、世界は彼の政治野心と解釈される。共産党の十八大会以来、習近平氏が迅速に権力を掌握し、大国の指導者を自任して、公の場で「どんな世界を作り出すか、どうやって世界を作りだすか」との演説に「人類運命共同体」との理念を提出した(『中共党史網』リングを参照)。この点に関して、著者は《全体主義と嘘》の中でこの理念に言及した。習近平氏は野望のある知恵のない小学校レベルの政治狂人だが、どうやって「世界を支配し、中共の全体主義を推進するか」と人類の悪運をもたらしたと顕彰した。

戦略の一環として、「一帯一路」との理念を提出と実施された。著者はもう少しインクを費やして「一帯一路」について語る。中共党史によると、「一帯一路」の構想は2013年に提出されて以来、各プロパガンダの翻訳の統一ができなかった。フランスの翻訳界は繰り返して議論し結局中央精神の指導下で合意し、fomule(法案)、modèle(モデル)、projet(計画)、 stratégie(戦略)などの文字を諦め、 initiative(構想)で一致した(『共産党史網』リングを参照)。彼らは「一帯一路」による侵略が阻まれたことを認めた。そして進攻方法を調整した。法案、モデル、計画、戦略などの語彙が複雑且つ中共戦略を見せたので、「構想」と言う客観的な語彙は習近平氏の姿勢を低くされたがうまく騙すのだ。この通り、中共党史のシンクタンクの専門家は習近平氏の姿をより迷惑性のある完全犯罪に見せかけようとしている。超限生物遺伝子武器は習近平氏自らの指揮下でほぼ完璧にできたが、天を欺瞞して海を過ることができない。全ての嘘と背後の戦争陰謀はあまりにも速く推し進められたが、香港が陥落した時閻麗夢博士と暴料革命に暴き出された。

嬉しいことに、中共の嘘でカバーされた完全犯罪戦略計画は西側諸国の目覚めによって反撃された。中共にとってほぼ完璧なイデオロギーに隠された邪悪戦線は崩壊しつつあり、習近平氏と彼のナチズ化された政党は日の光に晒されることに……。

写真:HECTOR RETAMAL / AFP/Getty Images

2021年2月24日に東アジアで書き下ろした

リンク:

原作

华尔街日报

中共党史網

觀察者網

路德社

定於二尊/ヒマラヤ東京桜花団

+1
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments