アメリカやカナダに続き、オランダも中共国が新疆ウイグル自治区でジェノサイド(民族大量虐殺)」を犯したことを認定

【日本东京方舟农场】翻译:小李在大阪  校对:文拓

アメリカやカナダに続き、オランダも中共国が新疆ウイグル自治区でウイグル族などの少数民族に対し「ジェノサイド(民族大量虐殺)」を犯したことを認定した。中共国がジェノサイドを行っていると認めた国はヨーロッパではオランダが初めてである。

ジェノサイド条約とは、国民的、人種的、民族的又は宗教的集団を全部又は一部破壊する意図をもつて行われた殺害や迫害である。新疆ウイグル自治区では少数民族に対する大規模な強制収容や強制労働、思想教育が行われ、女性に対する強制的不妊手術や中絶も報告されている。

 近年、中共国の強制収容所での集団レイプに関する告発が表面化し始めた。中共国は、新疆ウイグル人を始め、少数民族の200万人を拘束している。CNNのドキュメンタリーでは、新疆ウイグル自治区からの女性難民は、強制収容所で受けた拷問と集団レイプについて語ってくれた。  各国が中共国のジェノサイドを認めることは、世界の方針をまとめ行動に駆り立てる第一歩だと思われる。

参考链接:

1.https://gtv.org/video/id=6037b60b1958515902373e9c

2.https://www.youtube.com/watch?v=bM7J8xWVqA8

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments