台湾が将来の中共の肺炎インフルエンザ化に対応、対策薬を開発

文章作者:台灣寶島准農場 一葉一菩提(翻訳:鈴鈴巻)

中共ウイルス(CCPウイルス)は、この世界中の人間を肉体的にも精神的にも経済的にも殺しています。 一方では、ウイルスの起源としての中国共産党の暴露した上、将来的に中共ウイルス(CCPウイルス)のインフルエンザ化の可能性と向き合い、国民の生活のためにインフルエンザ化した薬剤を開発することである。

台湾は、他の国と同様に、ワクチンを絶えず開発しているが、臨床検査基準は他の国よりも比較的厳格であり、また、流行予防の成功のために、比較的多くのケースの分析データの欠如は、他の先進国の援助を必要とし、共同開発は、プロセスが遅いので、また、将来の中共ウイルス(CCPウイルス)がインフルエンザ化し、人々の生活のためにインフルエンザ化した薬剤の開発にも積極的に取り組んでいます。

AIとビッグデータ構築、中共ウイルス(CCPウイルス)グラムインフルエンザ化の医薬品開発を加速!

台湾のいくつかの有名な大学、例えば、陽明交通大学は、台湾の大学、国防医科大学、その他の学際的なチームと協力して、昨年2月に人工知能(AI)とビッグデータを使用して、薬物とウイルスの比較プログラムを実施し、ヒトタンパク質に影響を与える薬物とウイルスを比較し、グラムインフルエンザ薬を見つけることを前提に、5万以上の適格な薬物と天然物を比較、スクリーニングし、その後、中共ウイルス(CCPウイルス)で試験しました。

研究開発の結果、4つの効果的な薬を発見

楊進木(陽明交大バイオテクノロジー大学学部長)は、その過程で、チームは、SARSが過去のSARSの95%と類似していたため、SARSが人体に影響を与える500以上のタンパク質を、現在の米国FDAファーマシーや天然物などと比較したと述べた約1ヶ月以上にわたり、薬物および天然物によるタンパク質阻害の効果により、中共ウイルス(CCPウイルス)に有効な可能性のある15種類の薬剤の予備的スクリーニングされた。これら15種類の薬は、細胞および動物実験において、台湾の感染者第4号患者のウイルス株と組み合わされ、最終的に、抗C型肝炎ウイルス薬ボセプレビル(Boceprevir)、テラプレビル(Telaprevir)、抗エイズ薬ネフィナビル(Nelfinavir)、抗炎症薬(JMY206)を含む4つの薬剤が実際に有効であることを発見した。

JMY206は、CCP肺炎の抑制効果がレドシビルよりも数十倍良好であり、毒性も低く、細胞の免疫力を高めるのが優れることに気がつく

楊氏によると、有効な4剤のうち、JMY206はラッドシクロビルの数十倍の中共ウイルス(CCPウイルス)抑制効果があったことにさらに驚いたという。MY206は毒性が低く、免疫力が高い。特許出願中であるため、開示できるのは既存の薬ということだけで、将来的にはラドシクロビルとは異なる割合で混合されることになります。既存の薬新たに利用すると臨床第Ⅰ相の適用除外も可能で、将来的に考えられる中共ウイルス(CCPウイルス)のインフルエンザ化に対応するための新しい抗インフルエンザ薬として、今年の5月か6月に臨床投入される可能性があるとみられています。

參考資料

文章審核:zhong、鈴鈴卷

發布:zhong

+2
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments